30代未経験でシステム エンジニアへの転職は可能?失敗しないための注意点など解説 - Tech Hiveマガジン

30代未経験でシステム エンジニアへの転職は可能?失敗しないための注意点など解説

30代IT業界未経験からシステムエンジニアへの転職は難しいのでしょうか?

30代IT業界未経験からの転職はそう簡単ではありません。

20代であれば、経験よりも今後の成長を期待して比較的簡単に転職も可能でしょう。

しかし、前職や今まで経験したことをしっかりアピールすれば30代IT業界未経験でも転職は可能です。

この記事では、30代のIT業界未経験者がシステムエンジニアとして転職するのが難しい理由や、失敗しないための注意点などを解説します。

【2024年最新】フリーランスエージェントおすすめ比較24選!外さない選び方も紹介

30代未経験のシステム エンジニア転職は厳しい?

30代未経験のシステム エンジニア転職は厳しい?

30代で未経験者のシステムエンジニアとしてIT転職は厳しいのでしょうか?

転職を成功させるために厳しい理由を知っておきましょう。

30代未経験のシステム エンジニア転職が厳しい理由

30代で未経験者のシステムエンジニアとしてIT転職は厳しいと言われるのは以下の理由からです。

  • 実績とスキルが重視されるから
  • 30代未経験の求人が少ないから
  • 技術の進歩に対応するために常に勉強が必要だから
  • 30代は体力・集中力低下が見られるから

実績とスキルが重視されるから

システムエンジニアはさまざまな業務を担当することになり業務範囲が広い職種です。

転職する場合は、システム開発でのさまざまな業務経験やスキルが重視される傾向があります。

つまり30代のIT業界未経験者は、即戦力として働くことができなければ転職が厳しいと言えるでしょう。

30代未経験の求人が少ないから

IT業界では平均年齢20代の転職・求人情報が多い傾向です。

30代の経験者なら求めている企業もありますが、30代未経験となると極端に少なくなります。

30代未経験者がシステムエンジニアとして雇ってもらえるためには、転職への熱意や学習能力、これまでの経験やスキルを強調し、なぜIT業界で働きたいのかをアピールすることが必要です。

技術の進歩に対応するために常に勉強が必要だから

IT業界はIoT(モノがインターネットにつながる仕組み)、AI(人工知能)など新しい技術が生まれ、常に勉強が必要です。

30代より20代の方が新しい知識やスキルを吸収する能力が高いと言えるでしょう。

30代IT業界未経験者ならなおさらIT業界での専門的な技術の知識やスキルを吸収するハードルが高いと判断され、なかなか雇ってもらえないと言えます。

30代未経験からシステム エンジニアを目指すメリット・デメリット

30代未経験からシステム エンジニアを目指すメリット・デメリット

ここでは、30代IT業界未経験からシステム エンジニアを目指すメリット・デメリットについてみていきましょう。

30代未経験からシステム エンジニアを目指すメリット

30代IT業界未経験からシステム エンジニアを目指すメリットは以下の3つです。

  1. スキルアップで年収アップが望める
  2. 独立できる可能性がある
  3. 社会経験が活かせる

スキルアップで年収アップが望める

システム エンジニアは一般的な職種より年収が多い傾向があります。

転職すれば今より年収アップできる可能性が高くなります。
さらにスキルを磨いてプロジェクト管理やチームリーダーなどの経験を積めばさらに高い収入を得る可能性もあります。

独立できる可能性がある

システム エンジニアとして経験を積めば、独立できる可能性があります。

システム エンジニアとして独立できれば、さらに年収アップが望めます。また自分が仕事をした分が報酬に反映されるため、仕事へのやりがいも出てくるでしょう。

社会経験が活かせる

30代IT業界未経験でも20代にはない社会経験が活かせるのがメリットです。

人間関係などの経験が20代より豊富で、システム エンジニアとして役立つ場面もあるでしょう。また前職で得た知識やスキルも役立つ可能性もあります。

30代未経験からシステム エンジニアを目指すデメリット

30代IT業界未経験からシステム エンジニアを目指すデメリットは以下の2つです。

  1. 採用される確率が低い
  2. 年収が下がる可能性がある

採用される確率が低い

IT業界の求人は20代が中心で、30代IT業界未経験では採用の確率が低いでしょう。

採用の確率が低いだけで、まったく採用に結びつかないというわけではなく、諦める必要はありません。

年収が下がる可能性がある

システム エンジニアとして転職できれば年収がアップするでしょう。

しかし、システム エンジニアとしては初心者扱いになるので前職よりも一時的に年収がダウンするリスクもあることを覚えておきましょう。

30代未経験からシステム エンジニアに転職するときに必要なこととは

30代未経験からシステム エンジニアに転職するときに必要なこととは

30代未経験からシステム エンジニアに転職するときに必要なことは以下の2つです。

  • スキルを身につけておくこと
  • 前職の経験が活かせるようにしておく

スキルを身につけておくこと

未経験からシステム エンジニアになるためには、プログラミング言語の基礎知識、情報処理の基礎知識、コミュニケーション能力が必要です。

さまざまなプログラミング言語があり、どれを学べば良いのか迷うでしょう。
まずはどれでも良いので1つの言語を学ぶと他の言語も学びやすいと言えます。情報処理ではIT技術関連の専門書や、プロジェクト管理の専門書などを読み、情報処理の全体像を理解しておきましょう。またクライアントやチームメンバーとの会話が多くなるため、相手の話を理解する力も必要です。

前職の経験が活かせるようにしておく

未経験からシステム エンジニアに転職するのであれば、前職の経験をアピールすることが大切です。

例えば前職が営業であれば、「クライアントの要望をしっかり聞き取る」とアピールし、また管理職なら「チームをまとめることができる」とアピールしましょう。

30代未経験でシステム エンジニア転職する方の失敗例

30代未経験でシステム エンジニア転職する方の失敗例

ここでは、30代未経験でシステム エンジニアに転職する方の失敗例2つを紹介します。

  • スキルが足りていなかった
  • 自分をうまくアピールできなかった

失敗例①スキルが足りていなかった

転職で採用する側は、システム エンジニアとしての知識やスキルを持っていることが前提で、雇用を決定します。勉強したスキルのレベルと転職先企業が求めているレベルが一致しない場合は、雇用は厳しいでしょう。

失敗例②自分をうまくアピールできなかった

自分が転職して何をやりたいのか具体性がないと雇用は厳しいでしょう。

つまり、どのような分野で、どのようにスキルを活かしたいのかが不明確なのです。

30代未経験からシステムエンジニアに転職する方法

30代未経験からシステムエンジニアに転職する方法

30代未経験からシステムエンジニアに転職するには、独学で勉強する、プログラミングスクールで学ぶ、転職エージェントを活用する方法があります。

  • 独学で勉強する
  • プログラミングスクールで学ぶ
  • 転職エージェントを活用する

独学で勉強する

独学での勉強のポイントは、「モチベーションを維持すること」「分かりやすく学ぶこと」「お金をかけないこと」の3つです。

はじめは勉強する気がありますが、やる気が続かないのが独学のデメリット。そのため無理な計画を立てないことが大切です。

専門書などの本ではわかりにくいため、無料で使える学習サイトやスマホアプリなどを使うとわかりやすいうえに、いつでも勉強しやすいでしょう。

プログラミングスクールで学ぶ

ITスクールなどでプログラミングスキルの基礎を身に付けるのも効果的です。

数ヶ月ほどである程度のプログラミングの基礎知識は身に付くでしょう。未経験の30代

でも、少しでも知識があれば採用のチャンスが広がります。

転職エージェントを活用する

転職エージェントを活用して、より雇用されやすい求人に応募するのも効果的です。

転職エージェントなら非公開求人も多く掲載があり、30代未経験でも雇用してくれる企業を見つけやすくなるでしょう。

フリーランスエージェントは Tech Hive がおすすめ!

Tech Hive 成功事例

  1. 案件数5,000件以上の中からご紹介!
  2. 150万円以上の高単価案件あり!
  3. 希望条件から選べる働き方!

Tech Hive 運営

フリーランスになって希望の条件で仕事できていますか?

Tech Hiveは ”フリーランスへの高単価で魅力的な待遇” を約束いたします! まずは希望の働き方や不安に思っていることをご相談ください。 専門コンサルタントがどんな不安や疑問にも丁寧にお答えいたします。

Tech Hive公式HPはこちら

まとめ

30代未経験からシステムエンジニアへの転職は厳しいことは事実です。

しかし、努力次第では転職は可能です。

30代未経験と諦めずにシステムエンジニアへの転職にチャレンジしてみませんか。