Swiftエンジニアのフリーランスになりたい!未経験からの目指し方と案件を紹介 - Tech Hiveマガジン

Swiftエンジニアのフリーランスになりたい!未経験からの目指し方と案件を紹介

Apple社が公表するオープンソースのプログラミング言語であるSwift。

Swiftは、ゲームや仕事効率化ツールといった幅広いアプリ開発に活用されています。

そんなSwiftのコードは、初心者でも分かりやすく、エンジニアやフリーランスを目指すうえで選ばれやすい言語でもあります。

では実際にSwiftのフリーランスエンジニアになるためには、どのようなスキルが求められるのでしょうか。

そこで本記事では、Swiftのフリーランスエンジニアに求められるスキルや未経験から目指す方法を解説します。

良い案件を見つける方法も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

【2024年最新】フリーランスエージェントおすすめ比較24選!外さない選び方も紹介

Swiftの特徴

Swiftの特徴は、下記の3点が挙げられます。

  1. コードが読みやすく書きやすい
  2. 処理が軽く高速で動作する
  3. リアルタイムで動作結果の確認ができる

コードが読みやすく書きやすい

Swiftはコードが読みやすく、書きやすく設計されています。

具体的には、記述時に型の指定や、セミコロンが不要などが挙げられます。

扱いやすさゆえに他の言語からの移行もしやすく、抵抗なく学習しやすいでしょう。

モダンで誰にでも扱いやすい点は、他の言語にないSwiftの特徴といえます。

処理が軽く高速で動作する

Swiftは処理が軽く、動作が高速な点も特徴に挙げられます。

従来のObjective-Cと比較すると、Swiftの動作速度は最大で2.6倍です。

そのため、大容量のデータを扱う際にも適しています。

アプリ内で使用する動画や音声といった重いデータを素早く処理できるため、Swiftはアプリ開発案件でも活躍可能です。

リアルタイムで動作結果の確認ができる

Swiftでは、リアルタイムで記述したプログラムの動作結果の確認ができるのも特徴です。

Swiftの開発環境「Xcode」に「Playgroud」が導入されたことで実現しました。

Playgroudにより、開発者は記述したプログラムの動作結果を即座に確認できるため、試行錯誤の速度が飛躍的に向上しています。

フリーランスSwiftエンジニアの案件

フリーランスのSwiftエンジニアになった場合、受注可能な案件は大きく分けて下記の4つです。

  1. iOSアプリ開発案件
  2. システム開発案件
  3. 自社サービス開発案件
  4. ゲーム開発案件

iOSアプリ開発案件

元々Swiftは、iOSのアプリ開発に広く用いられてきた言語です。

そのため、フリーランスのSwiftエンジニアとして活動を始めた後も、iPhone向けのアプリ開発案件は業務の中核を成す仕事の一つになります。

Apple製品で活用できるアプリの開発は、非常に需要が高いため、安定した仕事の供給も期待できるでしょう。

システム開発案件

前述したように、Swiftには「扱いやすさ」という強みがあります。

それに伴ってバグの発生なども抑止できるため、社内システムの開発にSwiftを採用する企業も増えつつあります。

アプリ開発だけではなく、業務システムの開発案件などにも携わる機会があることを予め知っておきましょう。

自社サービス開発案件

近年、Webサービスを展開する企業の開発に、Swiftが採用されることも多くなっています。

Swiftは、扱いやすい特徴があるゆえにアプリ開発やシステム開発はもちろん、Webサービスの開発でも活躍することが可能です。

ゲーム開発案件

Swiftは、扱いやすく保守性も高いため、大量の処理を求められるオンラインモバイルゲームの開発などにも使われています。

フリーランスでも例外ではなく、Swiftエンジニアとして実績を積んでいく過程でゲーム開発案件に携わる機会も多いでしょう。

フリーランスSwiftエンジニアの案件単価・平均年収

Tech Hiveに掲載されている案件によると、フリーランス向けSwift案件の単価はおおよそ72万円程度です。

これを年収換算すると、860万円程度が1つの目安になります。

もちろん、持っているスキルやこれまでの実績次第で獲得可能な案件単価は上下します。

より高単価な案件獲得も十分に狙えるため、フリーランスのSwiftエンジニアは高収入を目指せるでしょう。

なお、Tech Hiveの掲載案件には、100万円を超えるものもあります。実績とスキルが伴っていれば、1,000万円以上の年収も目指すことも不可能ではありません。

フリーランスSwiftエンジニアの案件例

Tech Hiveにて実際に掲載されているSwiftの案件は、以下の通りです。

案件名 【エンド直】ライブ配信アプリのiOSエンジニア募集
案件単価 〜85万円
勤務地 Swiftでの実務経験3年以上、アジャイル開発経験、Gitの利用経験
スキル フルリモート
職種・ポジション エンジニア

詳しくは、Tech Hiveサービスページから登録後、確認してください。

Tech Hiveの案件を無料で見る

フリーランスのSwiftエンジニアに求められる6つのスキル

フリーランスのSwiftエンジニアに求められるスキルとしては、下記の6つが挙げられます。

  1. Swiftに関する知識とスキル
  2. 周辺言語に関する知識
  3. サーバー・クラウドに関する知識
  4. コミュニケーションスキル
  5. 英語力
  6. セルフマネジメントスキル

どれもフリーランス人材であれば欠かせないスキルですので、ぜひ参考にしてみてください。

Swiftに関する知識とスキル

Swiftに関する知識・スキルは、必要不可欠です。基本的なSwiftの文法や変数、データ型はもちろん、標準ライブラリなどについてもスキルを備えておく必要があります。

また、フレームワークに関する知識も備えておけばアプリ開発案件で活かすことができるため、受注可能な案件の幅も広がります。

加えて、開発環境であるXcodeの扱いも習得しておくと、よりSwiftの習熟度を高めることが可能です。

周辺言語に関する知識

Swiftエンジニアとはいえ、周辺言語に関する知識も持っておいて損はありません。

フリーランス案件の募集要項で、複数の言語に関するスキルと知識を要求される場合もあります。

つまり、Swiftしか扱えないフリーランスエンジニアでは、複数言語のスキルが求められる案件には参画できません。

上記のような状態を避ける意味でも、JavaやSQLなど、Swiftにも関連する周辺言語に関する知識とスキルを習得し、幅広い案件獲得に役立てていきましょう。

サーバー・クラウドに関する知識

Swiftはシステム開発やWebサービス開発にも用いられることが増えています。

それに伴い、Swiftを扱うエンジニアも、ネットビジネスには欠かせないサーバーやクラウドに関する知識が求められるようになっています。

Swiftを使った開発案件では、必ずといっていいほどサーバーやクラウドを活用する機会があるはずです。

これに備え、サーバー・クラウドに関しての知識を習得しておくことも、フリーランスエンジニアであれば欠かせません。

コミュニケーションスキル

フリーランスエンジニアというと、自宅で黙々と作業するイメージがあるかもしれませんが、開発案件は基本的にチーム規模で動きます。

そのため、クライアント企業の開発メンバーなどとはコミュニケーションをとる機会も少なくありません。

フリーランスエンジニアは、プロジェクトの1メンバーとしてクライアントの案件に携わる形になります。

そのため、関係構築するためのビジネス上でのコミュニケーションスキルは、それなりに高いものが求められることを理解しておきましょう。

英語力

案件を受注していく中で、海外のクライアントとやり取りをするケースもあります。

ネイティブ並に英語を使いこなす必要はありません。

しかし、少なくともビジネスメールなどで問題なくコミュニケーションが取れる程度は英語力があると、案件の幅が広がります。

実際、海外の案件を獲得できれば、良好な単価も期待できるでしょう。

セルフマネジメントスキル

フリーランスは個人で活動するため、誰も自分のマネジメントをしてくれません。

日々のタスクやモチベーションなど、自身の仕事に関わる全てを個人で管理する必要があります。

タスクの進捗をツールで管理する、モチベーションを一定に保つために程よく息抜きの時間を設けるなど、フリーランスとしての自分をマネジメントする工夫は不可欠です。

未経験からフリーランスSwiftエンジニアになる方法

未経験からフリーランスSwiftエンジニアを目指したい!という人がいるかもしれません。

そこでここからは、未経験からフリーランスのSwiftエンジニアとして独立するまでに必要なステップを解説していきます。

  1. Swiftの学習をする
  2. 企業に就職して実務経験を積む
  3. 副業案件から受注する
  4. フリーランスとして独立する

Swiftの学習をする

まずはSwiftについて学習し、扱えるようになるところからスタートしましょう。

Swiftの学習にどの程度の予算を割けるかにもよりますが、メジャーなのは専門書を購入しての独学や、プログラミングスクールでの学習などが挙げられます。

プログラミングスクールは、学校によっては卒業後の就職のサポートなどを行っている場合もあるため、予算に余裕がある場合には検討してみてください。

企業に就職して実務経験を積む

Swiftの習熟度が実務レベルに達した段階で、企業に就職し、エンジニアとしての実務経験を積んでいきましょう。

スキルだけがある状態でいきなりフリーランスになっても、案件を受注できる可能性は極めて低いです。

独立後、クライアントから信頼を勝ち取れる程度の経験と実績を、正社員として数年間実務経験を積んで養っていきましょう。

副業案件から受注する

実務経験を積んだあとは、まず副業でいくつかSwift案件を受注してみてください。

副業案件を受注することで、フリーランスとしての活動をよりイメージしやすくなります。

自分で案件を獲得して遂行し、報酬を受け取るまでの流れを体感しておくと、いざ独立した時もスッと違和感なく活動できるでしょう。

いきなりフリーランスになると、不安が募るはずです。だからこそ、すぐの独立はおすすめしません。

案件の受注方法は以降で解説しますが、まずは副業からスタートしてください。

フリーランスとして独立する

ここまでのステップをクリアした段階で、いよいよ独立してフリーランスのSwiftエンジニアとして活動を開始しましょう。

初めは戸惑いもあるかもしれません。

これまでに培ってきた経験や実績を活かして、案件を獲得し、生活を軌道に乗せていってください。

フリーランスSwiftエンジニアの案件獲得方法4選

フリーランスのSwiftエンジニアにおすすめの案件獲得方法は、次の4つです。

  1. フリーランスエージェントを利用する
  2. クラウドソーシングサービスに登録する
  3. 個人で営業をかける
  4. 知人からの紹介をもらう

フリーランスエージェントを利用する

最も手軽で効率的なのがフリーランスエージェントの活用です。

フリーランスエージェントに登録し、担当エージェントが自分に合った案件を紹介してくれます。

単価交渉から契約時の手続きなども、エージェント側にお任せできるため、自分で行う必要はありません。

より多くの案件に出会いたい場合には、複数のサービスを並行して利用するとより効果的です。

なお、フリーランスエージェントでおすすめなのはTech Hiveです。

気になる方は、ぜひサービスページから詳細を確認してください。

Tech Hiveの案件を無料で見る

クラウドソーシングサービスに登録する

クラウドソーシングサービスには、Swift関連案件が掲載されている場合もあるため、定期的にチェックしてみてください。

案件数は多くないうえにライバルは多いため、案件獲得のハードルが低いとは言えません

しかし、良い案件に出会える可能性はあります。

流れとしては、気になる案件に自分から応募する形となるため、通常の求人サイトと似た使い方で活用できます。

個人で営業をかける

SNSや企業のホームページから、直接個人で営業をかけ、案件獲得する方法もあります。

成功した場合は企業との直接取引となるため報酬なども期待できますが、営業したからといって必ず案件を獲得できるわけではありません。

また、営業活動そのものがタスクとして重いため、業務に差し支える可能性もあります。ある程度キャパシティーに余裕がある場合のみ試すのがおすすめです。

知人からの紹介をもらう

業界内に知人・友人がいる場合には、人脈を辿って案件を紹介してもらう方法もあります。

連絡をとって紹介してもらうだけでよいため、負担は少ないですが、必ず案件を紹介してもらえる保証はありません。

初めから知人による紹介を頼りにするのではなく、まずは自分主体で案件獲得を目指しましょう

Swiftエンジニアにおすすめのフリーランスエージェント4選

Swiftエンジニアにおすすめのフリーランスエージェントは、以下4つのサービスです。

サービス 職種 案件数 リモート案件 副業案件 対応エリア
Tech Hive エンジニア 5,000件以上 有り 有り 東京エリアなど
Midworks エンジニア職など 9,893件以上 有り なし 全国
レバテックフリーランス エンジニア
PM
PdMなど
4,000件(常時提案可能案件数) 有り 有り 関東/東海/近畿/九州
ITプロパートナーズ IT/WEB系 5,300件 有り 有り 東京/神奈川/茨城/千葉/埼玉/大阪/兵庫/福岡

Tech Hive

出典:Tech Hive公式HP

運営会社 株式会社Asikaze
職種 エンジニア
総案件数 5,000件以上
在宅・リモート案件 有り
副業案件 有り
対応エリア 東京エリアなど

Tech Hiveは、首都圏エリアを中心として高単価案件を多数掲載しているフリーランスエージェントです。

Swiftエンジニア向け案件も豊富に取り扱っているため、収入アップを目指している方におすすめです。

在宅・リモート案件や副業案件も掲載しているため、柔軟な働き方に対応できます。

専門のコンサルタントがスキルと条件に合った案件を無料で紹介しますので、お気軽にご相談ください。

Midworks

出典:Midworks公式HP

運営会社 株式会社Branding Engineer
職種 エンジニア職など
総案件数 9,893件以上
在宅・リモート案件 有り
副業案件 なし
対応エリア 全国

Midworksは掛け持ち可能な副業案件も豊富に取り扱っているフリーランスエージェントです。

案件の約70%がエンド直のため、他エージェントから乗り換えて報酬単価が20万円UPした人もいます。

案件掲載している対応エリアも全国カバーしており、地方の案件に強いのも特徴となっています。

Midworks(ミッドワークス)の評判まとめ!気になる口コミを調査

レバテックフリーランス

出典:レバテックフリーランス公式HP

運営会社 レバテック株式会社
職種 エンジニア
PM
PdMなど
案件数 4,000件(常時提案可能案件数)
在宅・リモート案件 有り
副業案件 有り
対応エリア 関東/東海/近畿/九州

レバテックフリーランスは掲載案件数の多さとサポート体制の充実度が特徴のフリーランスエージェントです。

提案可能案件数が4,000件と豊富で、Swift案件を含めた幅広い案件紹介を受けられます。

また、継続案件の提案なども積極的に行っているため、フリーランス初年度にも嬉しいサポートが特徴です。

レバテックフリーランスの評判まとめ!気になるメリット・デメリットを調査

ITプロパートナーズ

出典:ITプロパートナーズ公式HP

運営会社 株式会社Hajimari
職種 IT/WEB系
総案件数 5,300件
在宅・リモート案件 有り
副業案件 有り
対応エリア 東京/神奈川/茨城/千葉/埼玉/大阪/兵庫/福岡

ITプロパートナーズは、対応エリアの広さが特徴のフリーランスエージェントです。

関東圏だけでなく、関西や九州圏の案件も取り扱っているため、地方在住者でも気軽に登録・利用することができます。

週2から参画可能な副業案件も豊富なため、複数のプロジェクトに並行して関わることも可能です。

ITプロパートナーズの評判まとめ!気になるメリット・デメリットを調査

フリーランスのSwiftエンジニアとして理想のキャリアを歩もう

Swiftは、ビジネスやエンタメ向けなど、幅広いアプリ開発に活用される需要の高いプログラミング言語です。

Appleが存続し続ける限り、アプリの需要も絶えないため、将来性も非常に高いと言えます。

そんなSwiftエンジニアは、スキルと経験がストックされて実力がつけば、未経験でも挑戦できます

時間をかけて堅実なステップを踏めば、フリーランスになれるチャンスも小さくありません。

さまざまな案件に使われているSwiftのスペシャリストになれば、エンジニアとしての経験の幅を大きく広げることができるでしょう。

本記事を参考に、Swiftエンジニアとして独立して最高のスタートを切ってください。

フリーランスエージェントは Tech Hive がおすすめ!

Tech Hive 成功事例

  1. 案件数5,000件以上の中からご紹介!
  2. 150万円以上の高単価案件あり!
  3. 希望条件から選べる働き方!

Tech Hive 運営

フリーランスになって希望の条件で仕事できていますか?

Tech Hiveは ”フリーランスへの高単価で魅力的な待遇” を約束いたします!

まずは希望の働き方や不安に思っていることをご相談ください。

専門コンサルタントがどんな不安や疑問にも丁寧にお答えいたします。

Tech Hive公式HPはこちら