Unityエンジニアのフリーランスになる!未経験から目指す方法や求人案件例を紹介 - Tech Hiveマガジン

Unityエンジニアのフリーランスになる!未経験から目指す方法や求人案件例を紹介

ゲーム開発に実用的なライブラリや素材などが集まるゲームエンジンのUnity。

Unityは、視覚的に操作できるため、初心者でも比較的容易にゲーム開発ができます。

ゲームは年々需要を高めており、Unityを扱えるフリーランス人材も多く求められています。

Unityを専門領域としたフリーランスになりたいと考えている方もいるでしょう。

そこで本記事では、未経験からUnityのフリーランスエンジニアになる方法を紹介します。

必要なスキルやおすすめの案件獲得方法も紹介しますのでぜひ参考にしてください。

複数登録しておくと安心!おすすめできるフリーランスエージェント
TechHive
専門のコンサルタントが、5,000件以上もの案件の中から最適な案件をご紹介!
Midworks
利用者平均年収840万円を実現!
レバテックフリーランス
案件紹介だけでなく、企業との単価交渉や契約代行など、手厚いサポートが受けられる!

Unityとは?

Unityとは、ユニティ・テクノロジーズ社が開発したゲームエンジンです。

ゲームエンジンとは、ゲーム開発で必要となるさまざまな機能をまとめたソフトウェアのこと。

ゲーム開発のハードルをグッと下げられると注目度が高いです。

なお、Unity単体でゲーム開発をすることは基本的にありません。

実際のゲーム開発ではC#という言語を用いて進めていきます。

よって、Unityエンジニアとして案件を獲得するには、UnityとあわせてC#のスキルや知識が求められます。

フリーランスUnityエンジニアの案件内容

フリーランスUnityエンジニアが受注可能な案件内容は、以下の通りです。

  1. ゲーム開発案件
  2. ゲームの運用・保守案件

それぞれの案件について紹介していきます。

ゲーム開発案件

Unity案件のメインとなるのがゲーム開発です。

Unityエンジニアは、C#とUnityを使ってゲームの開発を行います。

そのため、ゲームを一から開発していく開発案件はメインとなる業務の一つです。

ゲーム開発の過程では、ゲーム内キャラクターの行動ロジックを考え、プログラムとして実装していく高度な技術が求められるでしょう。

ゲームの運用・保守案件

Unity案件には、既にリリースされたゲームの運用・保守案件もあります。

リリース後のゲームが正常に動作しているかを確認する運用業務や、バグや不具合などが発生した場合に対応する保守業務などが主な役目です。

フリーランスUnityエンジニアの案件単価・平均年収

Tech Hiveの掲載案件によると、フリーランスUnityエンジニアの案件単価はおおよそ月80万円程度平均年収に換算すると960万円となります。

もちろん、個人が所持しているスキルや経験、資格などによって受注可能な案件単価の相場は変動するため、必ず上記の収入を得られるわけではありません。

とはいえ、Unityエンジニアのフリーランス人材は、高収入を得られるだけの可能性を秘めていることが分かるはずです。

フリーランスUnityエンジニアの案件例

Tech Hiveにて実際に掲載されているUnityの案件は、以下の通りです。

案件名【エンド直】iOS用ゲームアプリ開発業務
案件単価〜80万円
勤務地UnityでのiOSゲームアプリ開発経験3年以上、ソシャゲー開発経験
スキルリモート・出社併用
職種・ポジションエンジニア

詳しくは、Tech Hiveサービスページから登録後、確認してください。

Tech Hiveの案件を無料で見る

フリーランスUnityエンジニアの案件獲得方法4選

フリーランスのUnityエンジニアが案件を獲得する方法は、主に下記の4つがあります。

  1. フリーランスエージェントで案件を受注する
  2. クラウドソーシングサービスに登録する
  3. 自ら企業に営業をかける
  4. 知人から案件の紹介をもらう

フリーランスエージェントでUnity案件を受注する

フリーランスエージェントに登録し、担当のエージェントから掲載案件を紹介してもらう方法です。

基本的には担当エージェントとのカウンセリングを経て案件を紹介してもらえるため、自身の希望条件に近い案件に出会いやすいです。

単価や契約期間といった待遇面での交渉や福利厚生、請求書などの事務手続きなども代行してくれるため、自身に大きな負担もかかりません。

なお、フリーランスエージェントではTech Hiveがおすすめです。

案件の品質やカウンセリングの丁寧さなど、フリーランスに嬉しいポイントが詰まったサービスとなっています。

気になる方は、サービスページから詳細を確認してください。

Tech Hiveの案件を無料で見る

クラウドソーシングサービスに登録する

クラウドソーシングサービスから案件に応募して受注する方法です。

基本的には自分で案件を探し、ポートフォリオなどを添付して応募する流れとなりますので、通常の求人サイトと近い使い方で活用できます。

複数のクラウドソーシングサービスに登録し、定期的に掲載案件をチェックする癖をつけるとよいはずです。

自ら企業に営業をかける

ビジネス用のSNSアカウントなどから企業に直接コンタクトをとり、営業を経て案件を獲得する方法です。

自分を直接企業に売り込むため、それなりの営業力が問われる方法といえるでしょう。

ある程度実績とノウハウがある場合にのみ試すのがおすすめです。

知人から案件の紹介をもらう

業界内に知人や友人がいる場合には、連絡をとって紹介できる案件がないか確認してもらう方法です。

もし紹介可能な案件があれば、人脈を経由しての案件受注が可能な場合もあります。

ただし、必ずしも紹介可能な案件を知人が持っているわけではありません。

上記で紹介した3つの方法で案件獲得に動きつつ、副次的な方法として捉えておきましょう。

Unityエンジニア向けフリーランスエージェントのおすすめ5選

それでは、Unityエンジニアにおすすめのフリーランスエージェントを5つ紹介していきます。

なお、どれか1つ選ばなければいけないわけではありません。

複数のエージェントを活用するほうが案件獲得しやすいので、ぜひお気軽に活用してみてください。

サービス 職種 案件数 リモート案件 副業案件 対応エリア
Tech Hive 各種エンジニア
PM・PMO
PdM
ITコンサルタント
5,000件以上 有り 有り 全国
レバテックフリーランス エンジニア
PM
PdMなど
4,000件(常時提案可能案件数) 有り 有り 関東/東海/近畿/九州
Midworks エンジニア職など 9,893件以上 有り なし 全国
TECH STOCK ITエンジニアなど 7,631件 有り 有り(少なめ) 東京・北海道・愛知・大阪・福岡
BIZLINK ITエンジニアなど 2,330件 有り 有り 東京/埼玉/横浜

Tech Hive

TechHive

出典:Tech Hive公式HP

職種各種エンジニア
PM・PMO
PdM
ITコンサルタント
案件数5,000件以上
高単価案件最高単価240万円/月
手数料
(中間マージン)
なし
案件確定スピード非公開
支払いサイクル30日/35日/45日※案件先によって変動あり
未経験可能案件なし
在宅・リモート案件
副業案件
利用・登録料金完全無料
対応エリア全国

Tech Hiveは、豊富な案件数と質の高いカウンセリングが魅力のフリーランスエージェントです。

サービス登録後は担当エージェントの丁寧なカウンセリングで希望条件などを伝えられるため、希望に沿った案件紹介を受けることが可能です。

なお、高単価案件や在宅案件も豊富に取り揃えているため、さまざまなフリーランスの要望に応えられるサービスとなっています。

専門コンサルタントに無料相談もできますので、ぜひご活用ください。

福利厚生
サポート
・オンライン学習
・コミュニティ
・コワーキングスペース優待(全国123拠点)
・税務関連サービス優待
・ライフ関連サービス優待
・マネー関連サービス優待
・キャリア/デザイン関連サービス優待
・法務/契約関連サービス優待
運営会社株式会社Asikaze

公式サイト
https://asikaze.net/media/tech-hive/

比較表一覧へ戻る↑

レバテックフリーランス

出典:レバテックフリーランス公式HP

レバテックフリーランスは対応エリアの広さが特徴のフリーランスエージェントです。

首都圏のみならず近畿九州東海など、幅広いエリアの案件紹介を行っています

また、在宅可能な案件や掛け持ち可能な副業案件も取り揃えているため、フリーランスのさまざまな働き方に柔軟に応えることが可能です。

地方在住者のフリーランスでも利用しやすい点は、サービスの持つ魅力の一つといえます。

運営会社レバテック株式会社
職種エンジニア
PM
PdMなど
総案件数4,000件(常時提案可能案件数)
在宅・リモート案件有り
副業案件有り
対応エリア関東/東海/近畿/九州

関連記事:レバテックフリーランスの評判まとめ!気になるメリット・デメリットを調査

比較表一覧へ戻る↑

Midworks

出典:Midworks公式HP

Midworksは、3,300件以上と掲載案件が豊富なフリーランスエージェントです。

非公開案件が全体の80%を占めるため、思わぬ良案件に出会える可能性も充分あります。

また案件の約70%がエンド直のため、利用者の平均年収が840万円を超えています。

年収UP・キャリアUPを狙っているフリーランスにおすすめです。

運営会社株式会社Branding Engineer
職種エンジニア職など
総案件数9,893件以上
在宅・リモート案件有り
副業案件なし
対応エリア全国

関連記事:Midworks(ミッドワークス)の評判まとめ!気になる口コミを調査

比較表一覧へ戻る↑

TECH STOCK(テックストック)

出典:Techstock公式HP

TECH STOCKは、利用者の平均年収が935万円と高額なフリーランスエージェントです。

担当エージェントとの面談ではさまざまなキャリアパスの提案なども受けられるため、先々を見据えて案件を受注していくこともできます。

また、他サービスでは取り扱いの少ない北海道や九州圏の案件も掲載しているため、地方在住のまま活躍したいフリーランスとの相性が良いのも特徴です。

20年目の実績となるため、会員登録者数が33,000人を超えており、信頼のおけるフリーランスエージェントです。

運営会社INTLOOP株式会社
職種ITエンジニアなど
総案件数7,631件
在宅・リモート案件有り
副業案件有り(少なめ)
対応エリア東京・北海道・愛知・大阪・福岡

関連記事:Tech Stock(テックストック)の気になる評判・口コミを紹介!【2024年最新版】

比較表一覧へ戻る↑

BIZLINK

出典:BIZLINK公式HP

BIZLINKは、関東圏を中心に案件を紹介しているフリーランスエージェントです。

担当エージェントとの面談では案件の希望はもちろん、稼働中も不安や疑問点があれば伝えることができるため、サポート体制の充実度が窺えます。

フリーランス初年度で不安な点もサポートして欲しい、そんな方との相性の良いサービスでしょう。

運営会社株式会社ビズリンク
職種ITエンジニアなど
総案件数2,330件
在宅・リモート案件有り
副業案件有り
対応エリア東京/埼玉/横浜

比較表一覧へ戻る↑

未経験からフリーランスのUnityエンジニアを目指す方法4ステップ

未経験からフリーランスのUnityエンジニアを目指す場合、以下4つのステップを踏む必要があります。

  1. Unityの知見とスキルを習得する
  2. 正社員として実務経験を積む
  3. 副業案件を受注する
  4. フリーランスエンジニアとして独立する

それぞれの手順を解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

Unityの知見とスキルを習得する

スキル・知識のない状態からスタートする場合は、Unityの知見とスキルを獲得するところからスタートしていきましょう。

UnityやC#に関する専門書などを購入し、独学でスキル習得していくのが最も手軽な方法です。

予算や期間に余裕がある場合には、プログラミングスクールに通うのも一つの手です。

実力のあるメンターから直接学べるため、習得しやすさも異なるでしょう。

正社員として実務経験を積む

Unityに関するスキル習得や資格の取得が済んだ段階で、企業に就職し、正社員として数年間の実務経験を積んでいきましょう。

スキルや知識がいくら身についたとしても、経験と実績がなければ、フリーランスとしてクライアントからの信用は勝ち取れません。

独立後の案件獲得を容易にしていく意味でも、2〜3年間の実務経験は必須です。

副業案件を受注する

実務経験を積んだら、副業としていくつかUnity案件を受注してこなしてみましょう。

個人で案件を受注し、納品まで完了する一連の流れを経験しておくことで、独立した後の活動イメージをより具現化できます。

また、本業という収入の柱があるため、精神的にも追い込まれることなく挑戦できます。

副業案件をこなしながら実績を積めるため、独立後の案件獲得もよりスムーズになるでしょう。

フリーランスエンジニアとして独立する

副業として案件をこなして作業環境を整えるなど、独立の準備ができたらフリーランスとして活動を開始しましょう。

フリーランスになると後ろ盾がなくなるため、不安になるかもしれません。

しかし、ここまでの手順を踏んでいれば、スキルや経験から求めてくれる企業はいます。

案件の獲得方法は以降で解説しますが、自信を持って受注していきましょう。

Unityエンジニアなら取得しておきたい「Unity認定試験」とは?

「Unity認定試験」とは、開発元である「ユニティ・テクノロジーズ」が主催しているUnityに関する試験です。

Unityの基礎知識や現場で必要となる技術を問う試験となります。

認定ユーザー→アソシエイト→プロフェッショナル→エキスパートの順にカテゴリー分けされており、プログラマー以外にもアーティストやVR開発など、さまざまな分野の試験が用意されています。

もしフリーランスのUnityエンジニアを目指すのであれば、プロフェッショナルやエキスパートクラスでプログラマー資格を取得しておくと、案件受注などに役立つでしょう。

フリーランスエージェントは Tech Hive がおすすめ!
Tech Hive 成功事例

  1. 案件数5,000件以上の中からご紹介!
  2. 150万円以上の高単価案件あり!
  3. 希望条件から選べる働き方!

Tech Hive 運営

フリーランスになって希望の条件で仕事できていますか?

Tech Hiveは ”フリーランスへの高単価で魅力的な待遇” を約束いたします!

まずは希望の働き方や不安に思っていることをご相談ください。

専門コンサルタントがどんな不安や疑問にも丁寧にお答えいたします。

Tech Hive公式HPはこちら

フリーランスのUnityエンジニアで高収入を目指そう

Unityはゲーム開発をするにあたって、非常に注目度の高い開発プラットフォームであり、需要も高いです。

Unityの高いスキルを備えていれば、憧れのゲーム開発案件に携わることも夢ではありません。

自分の手でたくさんの人に遊んでもらえるゲームを開発したい方にぴったりでしょう。

本記事を参考にしながら、Unityのフリーランスエンジニアとしてキャリアを築いていってください。