Javaエンジニアのフリーランスになりたい!案件単価や必要スキルも紹介 - Tech Hiveマガジン

Javaエンジニアのフリーランスになりたい!案件単価や必要スキルも紹介

「現在Javaエンジニアとして働いているけど、将来的にはフリーランスになりたい……」
「そもそもフリーランスのJavaエンジニアは需要があるの?」

エンジニアとして働くなら、独立してフリーランスへの道を目指すことを考えるでしょう。

Javaは、IT市場を牽引するGoogleが開発に使用する3大言語の一つでもあり、非常に高い人気を誇ります。

では、そんな注目のJavaでフリーランスエンジニアは目指せるのでしょうか。

本記事では、フリーランスJavaエンジニアの年収や単価相場、必要スキル、案件獲得方法などを紹介します。

複数登録しておくと安心!おすすめできるフリーランスエージェント
TechHive
専門のコンサルタントが、5,000件以上もの案件の中から最適な案件をご紹介!
レバテックフリーランス
案件紹介だけでなく、企業との単価交渉や契約代行など、手厚いサポートが受けられる!
ITプロパートナーズ
クライアントと直接契約のため、高単価案件を獲得できるチャンス

まず知っておきたいJavaの特徴

まず知っておきたいJavaの特徴

まず、Javaの特徴について解説をしていきます。

業界でのシェアが高い

Javaは、IT業界の中でも高いシェアを誇る言語です。

アプリ開発やサーバー開発など、さまざまな開発現場でJavaが採用されており、数あるプログラミング言語の中でも高いシェアを維持し続けています。

TIOBE Index for August 2023」で公開された調査結果によると、JavaはPython、C+、C++に次いでシェア率で4位にランクイン

データからも高い人気が窺い知れます。

オブジェクト指向のプログラミング言語

Javaはオブジェクト指向のプログラミング言語です。

オブジェクト指向とは、プログラムの独立性、再利用性、拡張性に優れている言語のこと。

Javaは、オブジェクト指向があるため、システム開発はもちろん、修正などもしやすい言語となっています。

フリーランスJavaエンジニアの将来性・需要は高い

フリーランスJavaエンジニアの将来性・需要は高い

前述したように、Javaは業界内でも高いシェア率を維持し続けています

また、Javaエンジニアに対する業界内での需要は高く、Javaを使用した案件も豊富です。

同じく、水準以上のスキルを備えたフリーランスのJavaエンジニアにも高い需要があり、将来性も明るいとされています。

全くの未経験からいきなりフリーランスになるのは容易ではありません。

しかし、スキルと経験を蓄えた後であれば、フリーランスとしての活躍も充分可能です。

フリーランスJavaエンジニアの働き方

フリーランスJavaエンジニアの働き方

フリーランスJavaエンジニアの主な2つの働き方について解説していきます。

常駐

常駐型は、クライアント企業に出社し、そのオフィス内でエンジニアとして働く形です。

働き方としては正社員と似ていますが、契約形態が異なります。

常駐案件ではクライアント企業と業務委託契約を交わして働くため、厳密には常駐先の社員という扱いにはならないのが特徴です。

リモートワーク・在宅

リモートオフィスや自宅で仕事をする働き方です。

自分好みの時間に、自分好みの空間で働ける柔軟さが魅力といえます。

一方、タスク管理やモチベーション管理は全て自分でしなければなりません

起床から就寝までの自己管理が大切です。

なお、Javaの在宅案件の数は決して多くはない点も予め把握しておきましょう。

フリーランスJavaエンジニアの年収相場・案件単価

フリーランスJavaエンジニアの年収相場・案件単価

Tech Hiveによると、フリーランスJavaエンジニアの年収相場は、576万円程度とされています。

これを月単価に換算すると、およそ48万円です。

しかし実際には、フリーランス向けJava案件は単価の振れ幅が大きく、単価100万円以上の案件も珍しくありません。

スキルや経験次第では、正社員時代以上の収入アップも充分可能でしょう。

フリーランスJavaエンジニアの案件例

フリーランスJavaエンジニアの案件例

Tech Hiveに掲載されているフリーランスJava エンジニア案件の一例は、次の3つ通りです。

案件名OSSを中心とした開発案件
ソフトウェア開発エンジニア
職種・ポジションエンジニア
勤務地五反田
報酬額~480,000円/月
スキルJava/PHP/Python/Ruby
案件名【エンド直|Java(Spring)|リーダー候補】バックエンド開発業務
職種・ポジションエンジニア(Java)
勤務地フルリモート
報酬額〜90万円
スキルJavaを用いた開発経験、Webフレームワーク(Spring)を活用した開発経験
案件名【エンド直】ITで教育を支援するEdTechサービスのバックエンドエンジニア
職種・ポジションエンジニア
勤務地リモート・出社併用
報酬額〜80万円
スキルJavaを用いた開発経験、MVC/MVCCのWebアプリケーションフレームワークを用いた開発経験

副業案件から週5フル稼働の案件まで、幅広く取り扱っています。

興味のある方は、Tech Hiveのサービスページから詳細を確認してください。

Tech Hiveの案件を無料で見る

Java案件が豊富なフリーランスエージェントおすすめ3選

Java案件が豊富なフリーランスエージェントおすすめ3選

それでは、Java案件が豊富なフリーランスエージェントを3つ紹介していきます。

複数のエージェントに登録しておくことで、継続的な案件探しに役立てることができます。

各サービスの特徴などをまとめていますので、自分に合うサービスがあるかどうかチェックしてみてください。

サービス職種
TechHive各種エンジニア
PM・PMO
PdM
ITコンサルタント
レバテックフリーランスエンジニア
PM
PdMなど
ITプロパートナーズIT/WEB系
サービス案件数
Tech Hive5,000件以上
レバテックフリーランス4,000件(常時提案可能案件数)
ITプロパートナーズ5,300件
サービスリモート案件
Tech Hive有り
レバテックフリーランス有り
ITプロパートナーズ有り
サービス対応エリア
Tech Hive全国
レバテックフリーランス関東/東海/近畿/九州
ITプロパートナーズ東京/神奈川/茨城/千葉/埼玉/大阪/兵庫/福岡
 

TechHive:Java案件が豊富!

TechHive

出典:Tech Hive公式HP

職種各種エンジニア
PM・PMO
PdM
ITコンサルタント
案件数5,000件以上
高単価案件最高単価240万円/月
手数料
(中間マージン)
なし
案件確定スピード非公開
支払いサイクル30日/35日/45日※案件先によって変動あり
未経験可能案件なし
在宅・リモート案件
副業案件
利用・登録料金完全無料
対応エリア全国

Tech Hiveは、総案件数5,000件以上のフリーランスエージェントです。

Java案件の取り扱いも豊富にあるため、フリーランスのJavaエンジニアであればぜひチェックしておきたいサービスとなっています。

より自分のスキルとマッチする案件探しにご活用ください。

福利厚生
サポート
・オンライン学習
・コミュニティ
・コワーキングスペース優待(全国123拠点)
・税務関連サービス優待
・ライフ関連サービス優待
・マネー関連サービス優待
・キャリア/デザイン関連サービス優待
・法務/契約関連サービス優待
運営会社株式会社Asikaze

公式サイト
https://asikaze.net/media/tech-hive/

比較表一覧へ戻る↑

レバテックフリーランス:副業案件も多数あり!

レバテックフリーランス

出典:レバテックフリーランス公式HP

レバテックフリーランスは、エンジニア向けの案件紹介を主に行っているフリーランスエージェントです。

週5フル稼働の案件はもちろん、週2、週3の案件なども豊富に取り揃えています

対応エリアも広いため、首都圏以外でJavaエンジニアをしているフリーランスに向いているでしょう。

運営会社レバテック株式会社
職種エンジニア
PM
PdMなど
案件数4,000件(常時提案可能案件数)
在宅・リモート案件有り
副業案件有り
対応エリア関東/東海/近畿/九州

関連記事:レバテックフリーランスの評判まとめ!気になるメリット・デメリットを調査

比較表一覧へ戻る↑

ITプロパートナーズ:在宅案件も紹介可能!

ITプロパートナーズ

出典:ITプロパートナーズ公式HP

ITプロパートナーズは、ITエンジニアやWeb関連の案件紹介をしているフリーランスエージェントです。

案件数の多さも魅力ですが、在宅・リモート案件を豊富に取り扱っている点もフリーランスには嬉しいポイントです。

できれば在宅、またはリモート環境でJava案件を進めていきたい方にはおすすめのサービスといえます。

運営会社株式会社Hajimari
職種IT/WEB系
総案件数5,300件
在宅・リモート案件有り
副業案件有り
対応エリア東京/神奈川/茨城/千葉/埼玉/大阪/兵庫/福岡

関連記事:ITプロパートナーズの評判まとめ!気になるメリット・デメリットを調査

比較表一覧へ戻る↑

フリーランスのJavaエンジニアに求められる5つのスキル

フリーランスのJavaエンジニアに求められる5つのスキル

フリーランスのJava エンジニアに求められるスキルは、下記の5つです。

  1. Javaを扱うスキル
  2. Javaフレームワーク・ライブラリのスキル
  3. その他のプログラミング言語スキル
  4. クラウドサーバーに関する知識・スキル
  5. コミュニケーションスキル

Javaを扱うスキル

JavaはWebサービスやローカルアプリケーションなど、さまざまな開発案件で用いられます。

開発するシステムに応じてJavaを正しく使い分けるスキルは正社員、フリーランスを問わず必要不可欠です。

Javaフレームワーク・ライブラリのスキル

Javaには開発に必要な「フレームワーク」「ライブラリ」を扱うスキルが求められます。

フレームワークとは開発に必要な機能を予め用意した土台のようなもので、ライブラリとは開発で用いられる機能などの個別の部品を指します。

これらを正しく扱うスキルは、Javaエンジニアに不可欠です。

その他のプログラミング言語スキル

フリーランスJavaエンジニアであれば、その他のプログラミング言語スキルを習得しておいて損はありません。

案件によっては複数のプログラミング言語スキルが求められる場合もあるため、フリーランスとして大成する上では不可欠ともいえます。

また、他のプログラミング言語スキルも身に付けておくことで、高単価案件にも参画しやすくなります。

クラウドサーバーに関する知識・スキル

Javaエンジニアはサーバー開発などに携わる機会が多いため、クラウドやサーバー関連の知識と開発スキルが必要です。

アプリ開発だけでなく、サーバー開発系の案件も受注していきたいなら、関連知識の勉強も進めましょう。

コミュニケーションスキル

フリーランスは、業務委託者として案件に携わるため、基本的には外部の人間としてクライアント企業の社員たちと仕事をすることになります。

業務を円滑に進めるためにも、良好な関係構築をする最低限のコミュニケーションスキルは磨いておいて損はありません。

未経験からJavaエンジニアになる手順4ステップ

未経験からJavaエンジニアになる手順4ステップ

未経験からフリーランスのJavaエンジニアになるまでには、次の4ステップを踏む必要があります。

  1. Javaに関する知識とスキルを習得する
  2. 企業のJavaエンジニアとして実務経験を積む
  3. 副業でJava案件に携わる
  4. 独立して活動を始める

Javaに関する知識とスキルを習得する

前述したように、未経験からいきなりの案件獲得は容易ではありません

そのため、まずはJavaに関する知識とスキルを身に付けていきましょう。

習得方法としてはプログラミングスクールに通う、専門書で独学するなどがありますが、自分の状況に合った方法を選ぶのがおすすめです。

企業のJavaエンジニアとして実務経験を積む

Javaエンジニアとしての経験・実績はフリーランスとして働く上で欠かせません。

そのため、少なくとも数年間は正社員のJavaエンジニアとして実務経験を積むのがベターです。

正社員としてさまざまな案件に関わり、エンジニアとしてのスキルを磨きながら、経験と実績を着実に積んでいきましょう。

副業でJava案件に携わる

企業で実務経験を積みながら、副業でJava案件に携わりましょう。

副業で案件を受けることにより、フリーランスとして働き始めた際の動き方など、独立後のイメージをつけやすくなります。

もちろん、本業に支障をきたさない範囲で取り組める案件を受注してください。

独立して活動を始める

スキルや経験、実績を充分に積んだら、独立して活動を開始しましょう。

独立直後は戸惑いもあるかと思いますが、少しずつ働く環境や生活のリズムなどを定めていき、新しい環境、リズムに適応していくことが重要です。

フリーランスJavaエンジニアの案件獲得方法4選

フリーランスJavaエンジニアの案件獲得方法4選

フリーランスのJavaエンジニアが案件獲得する方法には、次の4つがあります。

  1. フリーランスエージェントを活用する
  2. クラウドソーシングサービスを利用する
  3. 自分で営業活動をする
  4. 知人から紹介してもらう

フリーランスエージェントを活用する

フリーランスエージェントは、フリーランスならまず活用したいサービスです。

経験や希望条件をもとにエージェントから案件を紹介してもらえるため、案件探しの負担などが少なく便利です。

サービスを複数登録すればより多くの案件に出会えます。

なお、Tech Hiveでは、Javaエンジニア向けの案件も多数掲載しています。

興味がある方はぜひサービスの詳細を確認してみてください。

クラウドソーシングサービスを利用する

クラウドソーシングサービスを活用する方法もあります。

クラウドソーシングサービスの中にはJavaエンジニア案件が掲載されていることがあるため、応募して競争を勝ち抜くことができれば、案件を受注できます。

クラウドソーシングサービスを利用する際は、自身のスキルや経験を記載したポートフォリオを必ず登録するようにしましょう。

自分で営業活動をする

サービスに頼らず、個人で営業活動する方法もあります。

自分の気になった企業にアプローチをかけられる反面、営業活動の負担が大きく、案件が取れなければそもそも仕事をすることができません。

ある程度フリーランスとして経験を積んだ方におすすめの案件獲得方法といえるでしょう。

知人から紹介してもらう

同僚や知人にツテがある場合、案件を紹介してもらう方法もあります。

思わぬ好条件の案件に出会える可能性も0ではないため、まずは人脈を辿ってみるのも一つの手段として有効です。

ただし、紹介だけをあてにするのは危険です。

上記3つの方法で案件探しをする傍ら、紹介の線を模索するのが無難でしょう。

フリーランスエージェントは Tech Hive がおすすめ!
Tech Hive 成功事例

  1. 案件数5,000件以上の中からご紹介!
  2. 150万円以上の高単価案件あり!
  3. 希望条件から選べる働き方!

Tech Hive 運営

フリーランスになって希望の条件で仕事できていますか?

Tech Hiveは ”フリーランスへの高単価で魅力的な待遇” を約束いたします!

まずは希望の働き方や不安に思っていることをご相談ください。

専門コンサルタントがどんな不安や疑問にも丁寧にお答えいたします。

Tech Hive公式HPはこちら

フリーランスのJavaエンジニアになって案件を獲得しよう

フリーランスのJavaエンジニアになって自分らしく働こう

Javaは、人気が高い上に、将来性も期待できるプログラミング言語です。

現在Javaエンジニアで勤務している、もしくは未経験者でもフリーランスを目指すのは良い選択でしょう。

ただし、フリーランスにはさまざまなスキルや能力が欠かせません。

フリーランスになるために必要なスキルや能力から逆算して取り組み、必要とされるJavaエンジニアを目指しましょう。

ぜひ本記事を参考にしながら、より良いフリーランスの案件探しに役立ててください。