AWSエンジニアのフリーランスになりたい!年収・案件単価や求められるスキルを紹介 - Tech Hiveマガジン

AWSエンジニアのフリーランスになりたい!年収・案件単価や求められるスキルを紹介

「現在AWSエンジニアとして働いているけど、将来的にフリーランスになりたい」
「今はまだ未経験だけど、フリーランスのAWSエンジニアにはなれる?」

AWSエンジニアは、最大手のAmazonが提供するクラウドサービスを取り扱う技術者であり、需要の高さも十分にあります。

これからAWSエンジニアを目指すにあたって、正しい手順を踏めばより良いキャリアを歩めるでしょう。

そこで本記事では、未経験からフリーランスAWSエンジニアになるステップや必要スキルを紹介します。

おすすめのフリーランスエージェントも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

【2024年最新】フリーランスエージェントおすすめ比較24選!外さない選び方も紹介

フリーランスAWSエンジニアの仕事内容は大きく3つ

フリーランスAWSエンジニアの仕事内容は大きく3つ

フリーランスAWSエンジニアの主な3つの仕事内容を紹介します。

  1. AWSの環境設計
  2. AWSの環境構築
  3. AWS上にあるシステムの運用保守

AWSの環境設計

ネットワークやサーバーといったインフラ環境の設計がAWSエンジニアの業務内容です。

クライアントの要望や企業の環境に合わせて、最適な環境設計を行う必要があります。

AWSへの理解はもちろん、ネットワークやサーバー関連の知識も深く求められる領域です。

AWSの環境構築

設計した環境をもとに、実際にAWSを使い、クライアントのインフラ環境を構築する仕事です。

Amazon VPCやAWS Direct Connectなど、AWSのさまざまな機能を組み合わせて活用しながら、クライアントの環境に最適なネットワーク・サーバー構築をしていきます。

AWS上にあるシステムの運用保守

AWSエンジニアは、環境構築までがエンジニアの仕事ではありません。

構築し終わったシステムの運用、保守までがAWSエンジニアの業務領域です。

運用開始後に見つかった自動化できる部分の自動化や、新機能の導入などを行いつつ、改善のPDCAを回し続けていくことが仕事です。

フリーランスAWSエンジニアの平均年収・案件単価

フリーランスAWSエンジニアの平均年収・案件単価

弊社運営のフリーランスエージェント「Tech Hive」が抱えている案件をもとに見てみると、フリーランスAWSエンジニアの気になる平均年収や案件単価については、次の通りです。

  • 案件単価:平均80万円
  • 平均年収:960万円

AWSエンジニアはクラウドエンジニアとなるため、幅広いネットワーク関連の知識や、AWSへの理解度が求められます。

そのため、フリーランス人材向けの案件単価も比較的高めに設定されている傾向にあります。

なお、より詳細な案件単価などを確認したい場合には、Tech Hiveのサービスページより、チェックしてみてください。

Tech Hiveの案件を無料で見る

フリーランスAWSエンジニアの案件例

フリーランスAWSエンジニアの案件例

それでは、弊社Tech Hiveに掲載されているフリーランスAWSエンジニアの案件例を紹介していきます。

案件名 【エンド直】インフラ基盤の開発や運用保守業務 0→1の立ち上げを担うインフラエンジニア募集
職種・ポジション エンジニア
勤務地 フルリモート
報酬額 月額70万円
スキル AWS設計構築経験3年以上

上記は、フルリモート可能なインフラエンジニアの開発案件です。

AWS設計構築経験が3年以上とスキルが求められますが、フルリモート案件で70万円の案件単価はかなり魅力的です。

また、下記のAWS案件も取り扱いをしています。

案件名 【エンド直】某有名大発ベンチャー・ビッグデータサービス運用で次世代技術の発展を導くインフラストラクチャーエンジニア募集
職種・ポジション エンジニア
勤務地 出社・リモート併用
報酬額 月額80万円
スキル AWSサービスによるシステム運用、システムアーキテクトなどの情報技術者の資格

気になる方は、Tech Hiveのサービスページから詳細を確認してください。

Tech Hiveの案件を無料で見る

フリーランスAWSエンジニアの案件を獲得するおすすめエージェント3選

フリーランスAWSエンジニアの案件を獲得するおすすめエージェント3選

それでは、フリーランスAWSエンジニアにおすすめのフリーランスエージェントを3つ紹介します。

複数のサービスに登録しておくと、スピーディに案件獲得ができるのでおすすめです。

それぞれのサービス概要や特徴を紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

サービス職種
Tech Hive各種エンジニア
PM・PMO
PdM
ITコンサルタント
レバテックフリーランスエンジニア
PM
PdMなど
ITプロパートナーズIT/WEB系
サービス案件数
Tech Hive5,000件以上
レバテックフリーランス4,000件(常時提案可能案件数)
ITプロパートナーズ5,300件
サービスリモート案件
Tech Hive有り
レバテックフリーランス有り
ITプロパートナーズ有り
サービス対応エリア
Tech Hive全国
レバテックフリーランス関東/東海/近畿/九州
ITプロパートナーズ東京/神奈川/茨城/千葉/埼玉/大阪/兵庫/福岡
 

Tech Hive:取扱案件5,000件以上!

Tech Hive出典:Tech Hive公式HP

運営会社 株式会社Asikaze
職種 エンジニア
総案件数 5,000件以上
在宅・リモート案件 有り
副業案件 有り
対応エリア 全国

Tech Hiveは、5,000件以上の案件を掲載しているフリーランスエージェントです。

AWSエンジニア案件も取り扱っているため、フリーランスであれば一度チェックしておきたいサービスとなっています。

週2、週3から参画できる副業案件も取り扱っているほか、在宅案件も多数掲載しています。

月150万円以上といった高単価案件も多数取り扱っていますので、ぜひお気軽にご相談ください。

Tech Hive公式HPはこちら

レバテックフリーランス:手厚いサポートが売りのエージェント!

レバテックフリーランス出典:レバテックフリーランス公式HP

運営会社 レバテック株式会社
職種 エンジニア
PM
PdMなど
案件数 4,000件(常時提案可能案件数)
在宅・リモート案件 有り
副業案件 有り
対応エリア 関東/東海/近畿/九州

レバテックフリーランスは、常時提案可能な案件数4,000件以上のフリーランスエージェントです。

豊富な案件数もさることながら、担当エージェントからの継続案件の提案など、手厚いサポートも魅力のサービスとなっています。

AWSの案件も豊富にあるので、条件に合った提案もしてもらいやすいでしょう。

レバテックフリーランスの評判まとめ!気になるメリット・デメリットを調査

ITプロパートナーズ:副業案件も多数あり!

ITプロパートナーズ出典:ITプロパートナーズ公式HP

運営会社 株式会社Hajimari
職種 IT/WEB系
案件数 5,300件
在宅・リモート案件 有り
副業案件 有り
対応エリア 東京/神奈川/茨城/千葉/埼玉/大阪/兵庫/福岡

ITプロパートナーズは、ITやWeb関連の案件を多数取り扱っているフリーランスエージェントです。

AWSエンジニア案件の取り扱いもしているのが特徴です。

また、対応エリアが関東から関西九州まで幅広いのも魅力といえるでしょう。

ITプロパートナーズの評判まとめ!気になるメリット・デメリットを調査

フリーランスAWSエンジニアに求められる5つのスキル

フリーランスAWSエンジニアに求められる5つのスキル

フリーランスAWSエンジニアに求められるスキルは、以下の5つが挙げられます。

  1. AWSを扱うスキル
  2. アプリ開発・運用スキル
  3. インフラエンジニアの基本スキル
  4. コミュニケーションスキル
  5. タスクマネジメントスキル

AWSを扱うスキル

AWSエンジニアである以上、AWSを水準以上のレベルで扱うスキルは必要不可欠です。

実務経験を積みながらスキルを習得していければ良いでしょう。

しかし、一からAWSエンジニアとしてのキャリアを積んでいくには、まずスキルを身に付けていかなければなりません。

プログラミングスクールや独学などで勉強し、AWSを扱うスキルを習得しましょう。

アプリ開発・運用スキル

AWSエンジニアはインフラ構築だけに留まらず、案件によってはアプリ開発や運用に携わることもあります。

そのため、アプリ開発や運用に関わる知識やスキルも求められる場合があるはずです。

幅広い領域の案件に対応できるエンジニアを目指すのであれば、アプリ開発・運用の知識とスキルを身に付けておいて損はありません。

インフラエンジニアの基本スキル

AWSの仮想サーバー上にシステム構築を行うのがAWSのコア業務となります。

そのため、AWSを扱うためのスキル以外にも、ネットワークインフラ、ネットワークに関連する知識やスキルも必要です。

コミュニケーションスキル

フリーランスAWSエンジニアはクライアント企業の案件に業務委託で参画する立場です。

場合によっては、数ヶ月単位でプロジェクトに関わることになるため、クライアント企業の社員と連携をとるためのコミュニケーション能力は必須です。

エンジニアだから、フリーランスだから不要というのではなく、業務を円滑に進めるためのコミュニケーションスキルは磨いておいて損はないでしょう。

タスクマネジメントスキル

フリーランスは個人で業務活動を行うため、日々のタスク管理も自分で行わなければなりません。

タスク管理が疎かになれば、仕事のスケジュールが遅れるなど、クライアント企業にも迷惑をかけてしまう可能性があります。

そのため、タスクをセルフマネジメントするスキルはフリーランスになるうえで不可欠なスキルとなるでしょう。

フリーランスAWSエンジニアの案件は3タイプ

フリーランスAWSエンジニアの案件は3タイプ

ここでは、フリーランスAWSの案件となる下記3タイプの案件について紹介していきます。

  1. 環境移行案件
  2. 新規構築
  3. 運用案件

環境移行案件

既存の業務サーバ―など、オンプレミス環境をAWSのクラウド環境へ移行する案件です。

案件を進めていくにあたっては、AWSの知識、スキルが必要となるほか、Webサービス関連の知識があるとより、業務を進めやすくなります。

既存システムの状況把握やデータの移行は、遠隔で完結する作業ではありません。

よって、リモート案件は少ない傾向にあります。

なお、移行元はオンプレミスとも限りません。

その他のプラットフォームからAWSへ移行の案件も増加しています。

受けられる案件の幅を広げるなら、知見も増やしていく必要があるでしょう。

新規構築

クライアントからの要望などをもとにしつつ、新規でAWS環境を構築していく案件です。

AWSを使っての環境設計、環境構築を行うスキルはもちろんですが、サーバーに関する知見などが求められるのも特徴です。

業界や業種をはじめ、企業の特徴ごとにニーズが異なるため、適した仕様を導入したシステムを構築しなければなりません。

要件定義や設計といった上流工程から携わるのであれば、それ相応のスキルと知見が求められます。

運用案件

中には、すでに環境構築が完了しているAWSのインフラ環境の運用・保守案件もあります。

インフラ運用・保守に関するノウハウが求められるほか、問題点の改善や新機能の導入など、改善に向けたさまざまな取り組みが要求される案件です。

フリーランスのAWSエンジニアに未経験からなる手順4ステップ

フリーランスのAWSエンジニアに未経験からなる手順4ステップ

未経験からフリーランスのAWSエンジニアになるまでには、下記4つのステップを踏んでいく必要があります。

  1. AWSに必要なスキルを習得する
  2. インフラエンジニア・AWSエンジニアとして実務経験を積む
  3. 副業としてAWS案件に携わる
  4. 独立してAWS案件を獲得する

AWSに必要なスキルを習得する

未経験からのスタートとなれば、そもそもAWSを扱うスキルがない状態です。

そのため、まずはAWSを実務レベルで扱える知識とスキルを習得しましょう。

具体的には「プログラミングスクールでAWSを体系的に学習する」「専門書やWebサービスを活用して独学する」などの方法が挙げられます。

予算や期間などを設定し、マッチする方法で学習を習得していってください。

インフラエンジニア・AWSエンジニアとして実務経験を積む

スキルと知識を身に付けた段階で、インフラエンジニアやAWSエンジニアとして正社員での実務経験を積んでいきましょう。

未経験であれば、そもそも案件獲得に必要な経験や実績が圧倒的に足りていない状態です。

フリーランスになった際の案件獲得を容易にするためにも、エンジニアとしての実務経験を数年間積んでおくのは必須といえます。

正社員で大小さまざまな規模のプロジェクトに関わっておくことで、AWSエンジニアとしての「箔」を獲得できる認識を持っておきましょう。

副業としてAWS案件に携わる

正社員としてAWSエンジニアの経験を積む傍ら、副業でAWS案件を受けてみることも独立前に重要なステップの一つです。

独立した際、副業経験などがない状態では案件獲得に向けての動き方などが分からず、混乱してしまう可能性もあります。

副業でのAWS案件を受けてみることで、独立した際の働き方や案件獲得の方法などをイメージしやすくすることが可能です。

本業を疎かにせず、受注可能な副業案件を探してみてください。

独立してAWS案件を獲得する

ここまでのステップを踏み、準備が整った段階で独立し、フリーランスとしての活動を開始しましょう。

充分な知識とスキルを習得し、正社員としてさまざまな実務経験を積んだ状態であれば、未経験スタートでもフリーランスとして十分活躍できます。

未経験からすぐに独立するのではなく、長い期間をかけて独立に向けた準備を整えていく辛抱強さが重要といえるでしょう。

フリーランスのAWSエンジニアが案件獲得する4つの方法

フリーランスのAWSエンジニアが案件獲得する4つの方法

フリーランスのAWSエンジニアが案件を獲得する方法としては、次の4つが挙げられます。

  1. フリーランスエージェントを活用する
  2. クラウドソーシングを利用する
  3. 自分で営業する
  4. 知人から案件を紹介してもらう

フリーランスエージェントを活用する

まずは、フリーランスエージェントの活用です。

フリーランスエージェントは、IT領域の職種を中心としたフリーランス特化型の案件紹介サービスです。

担当のエージェントから案件を紹介してもらうため、自身で営業や契約手続きをする必要はありません。

自身のスキルや経験、希望条件などを踏まえて案件を紹介してもらえますので、マッチする案件に出会える可能性も高いです。

また、フリーランスエージェントを複数登録して併用すれば、より希望条件に合致する案件を紹介される確率を高めることができるでしょう。

なお、Tech Hiveでは、ユーザー一人一人の希望に沿った案件提案をしており、高単価案件に参画できる可能性も充分あるため、おすすめのフリーランスエージェントとなっています。

クラウドソーシングを利用する

クラウドソーシングサービスの活用も、フリーランスAWSエンジニアにとっては有効な案件獲得方法の一つです。

クラウドソーシングサービス上にAWS案件が掲載されている可能性があるため、定期的にチェックしてみると良いでしょう。

なお、利用方法は、通常の求人サイトと同様に、プロフィールやポートフォリオを登録してそれを基に案件に応募し、案件獲得を目指す形式が一般的です。

自分で営業する

フリーランスであれば、個人で営業活動を行う方法もあります。

気になる企業に自分でアポをとり、営業をかけて案件に参画できるよう働きかけをしていきましょう。

個人での営業は、成功すれば希望の案件に参画できる、高い報酬を期待できるなど得るものが大きいメリットがあります。

ただし、営業活動に少なくない時間を割く必要があるため、本業に使える時間が減る、単純な負担が大きくなるなどのデメリットも付き纏う点に注意が必要です。

知人から案件を紹介してもらう

人脈がある場合には、知人や同僚などから案件を紹介してもらう方法もあります。

同業で働く知人や同僚との交流がある場合には、何かの縁で紹介してもらえる可能性はあるでしょう。

ただし、誰しもが案件を紹介してもらえるとは限りません。

まずはフリーランスエージェントなどを活用しながら、自分で仕事を獲得していく方法が無難といえます。

フリーランスAWSエンジニアに関するよくある質問

では最後に、フリーランスAWSエンジニアに関するよくある質問を紹介します。

AWSエンジニアの将来性や需要は高いですか?

Canalysが公開している「Global cloud services market Q1 2023」によれば、クラウドサービス市場においても、AWSは高いシェア率を維持しています。

上記調査では32%をAWSが占め、2位の23%を大きく引き離している点から見てもそれは明らかです。

参照:Canalys Newsroom – Global cloud services market forecasts downturn despite growing 19% in Q1 2023

また、近年クラウドサービスの導入企業が増加傾向にあり、その中でも支持されているAWSを扱えるエンジニアには、かなり高い需要があるといえます。

高いスキルと確かな経験を携えたフリーランス人材であれば、現在の需要や将来性も高いでしょう。

AWSエンジニアに在宅案件はありますか?

AWSエンジニアにも在宅案件は存在します。

週2、週3で参画できる案件や週5フル稼働での在宅案件など、種類はさまざまですが、在宅でもAWSエンジニアとして働くことは十分可能です。

ただし、案件数の多さではまだまだ常駐案件の方が豊富なため、数は限られる点に注意が必要といえます。

フリーランスのAWSエンジニアとして働くうえで資格は必要ですか?

フリーランスAWSエンジニアとして必須の資格などはありません。ただし、資格を持っておくことで、案件を獲得する際に有利に働くことが可能です。

主な資格としては、次の資格などが挙げられますので、参考にしてみてください。

  • AWS認定
  • 情報処理安全確保支援士
  • ネットワークスペシャリスト試験
  • Oracle認定資格

これらの資格を持っておくことで、案件単価を上げるきっかけにもできます。

独立を検討するにあたって、資格取得も選択肢の一つでしょう。

フリーランスエージェントは Tech Hive がおすすめ!

Tech Hive 成功事例

  1. 案件数5,000件以上の中からご紹介!
  2. 150万円以上の高単価案件あり!
  3. 希望条件から選べる働き方!
     

Tech Hive 運営

フリーランスになって希望の条件で仕事できていますか?

Tech Hiveは ”フリーランスへの高単価で魅力的な待遇” を約束いたします!

まずは希望の働き方や不安に思っていることをご相談ください。

専門コンサルタントがどんな不安や疑問にも丁寧にお答えいたします。

Tech Hive公式HPはこちら

スキルや経験を積んでフリーランスのAWSエンジニアとして活躍しよう

スキルや経験を積んでフリーランスのAWSエンジニアとして活躍しよう
需要や将来性も充分なAWSエンジニアは、フリーランスとしての活躍を目指すうえで大きな可能性を秘めた領域です。

未経験スタートでも時間こそかかるものの、充分独立は可能です。

本記事を参考にしながら、ぜひAWSエンジニアのフリーランスとして独立を目指してみてください。