プロジェクトマネージャー(PM)に転職する方法 - Tech Hiveマガジン

プロジェクトマネージャー(PM)に転職する方法

プロジェクトマネージャーに転職したいと考えているのであれば、おすすめの方法をとるようにしましょう。

ここでは、プロジェクトマネージャーに転職するコツを紹介していきます。

プロジェクトマネージャー(PM)の転職事情

プロジェクトマネージャーの転職事情

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトを成功に導くために高いスキルと多くの知識や経験が必要です。

需要は高いですが、その分求人倍率も高く、転職の難易度が高いです。

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの計画、進捗、管理、メンバーの編成など業務内容は多岐にわたります。

未経験者の人は、プロジェクトの専門知識や経験がないため、転職はかなり厳しい状況です。

プロジェクトマネージャー(PM)に転職するときにやっておくべきこと

プロジェクトマネージャーに転職するときにはいくつかやっておくべきことがあります。

やっておくべきことをしているだけでもプロジェクトマネージャーに転職できる可能性を高めることができます。

また、プロジェクトマネージャーになるためにも必要になってくることが多いです。

プロジェクトマネージャーに転職するときにしておくべきことは以下のとおりです。

  • 実績を積む
  • 資格を取得する
  • 転職先の目星をつけておく

実績を積む

プロジェクトマネージャーに転職するためには実績を積むことをおすすめします。

実績があればあるほど転職に成功しやすいです。

その理由は実績があれば、プロジェクトマネージャーとして即戦力になり得るからであり、求人情報を出している企業が求めている人材である可能性も高いからです。

実績がなければプロジェクトマネージャーとしての仕事をすることが本当にできるのか不安要素が多く、転職に失敗してしまう可能性もあります。

プロジェクトマネージャーの実績はどのようなプロジェクトに参加したのかやプロジェクトを完了した数なども関係してきます。

そのため、現在よりも良い環境でプロジェクトマネージャーとして活躍したいために転職するのであれば、実績を積むことをおすすめします。

資格を取得する

プロジェクトマネージャーとして転職したいのであれば、資格を取得することをおすすめします。

資格があれば、書類審査でもプロジェクトマネージャーとしての知識やスキルが身に付いているという証明になり、転職活動を有利に進ませることが期待できます。

プロジェクトマネージャー試験というものがあり、実際にプロジェクトマネージャーとして仕事をしている人でないと合格は難しくなっています。

難易度は高いですが、それだけ取得していれば大きな武器となります。

転職先の目星をつけておく

転職を考えているのであれば、転職先に目星を付けておくようにしましょう。

目星を付けておくことで転職活動期間を短くすることができ、無職の期間も短くなります

そのため、無収入の期間を極力なくしたいのであれば、やっておいて損はありません。

ただし、早めに転職活動をする際に現在の仕事との折り合いをつける必要もあるため、理想は同時進行することです。

現在の職場に辞めることを伝えていないにも関わらず、本格的な転職活動は控えることが無難です。

プロジェクトマネージャー(PM)に転職するおすすめの方法


プロジェクトマネージャーに転職する際にはいくつかの方法があります。

転職の方法によって効率よく転職することができる場合もあれば、効率が悪く中々転職先が見つからない場合もあります。

次に、プロジェクトマネージャーとして転職するおすすめの方法を紹介します。

転職する場合や新しい仕事先を見つける方法にハローワークを利用することも多いですが、プロジェクトマネージャーの仕事は地域によってはあまり紹介されていない場合もあるので、次に紹介する方法で転職先を見つけることをおすすめします。

転職エージェントを利用する

転職エージェントではさまざまな求人情報を取り扱っており、なかには特定の職種の求人情報を集めている場合もあります。

IT関係の求人情報をメインに取り扱っている転職エージェントを利用すれば、プロジェクトマネージャーの求人情報を効率よく見つけることが可能です。

また、転職エージェントはちょっとした隙間時間でも転職活動を始めることができるメリットがあるため、現在もプロジェクトマネージャーとして働いている人でも転職先を見つけやすくなっています。

基本的に無料で利用できる場合が多いです。

同じ業界の人に相談する

プロジェクトマネージャーとして転職を考えているのであれば、同じ業界の人に相談してみることもおすすめです。

プロジェクトマネージャーとして働いていれば自然と人脈も広がりやすいため、同じ業界の知り合いも増えやすいです。

同じ業界であればどこでプロジェクトマネージャーの人材を探しているのかを知ることができたり、企業の情報も知ることができます。

転職に失敗してしまう理由に仕事環境や待遇などを転職活動時には中々確認することができないことが関係しています。

しかし、同じ業界であれば、それらの情報を持っている可能性もあり、ブラック企業であるかどうかをある程度知ることも期待できます。

プロジェクトマネージャー(PM)に転職することで変わること

プロジェクトマネージャーに転職することができれば、さまざまなことが変わってきます。

基本的にプロジェクトマネージャーの前にはプロジェクトリーダーとして働いている必要があるため、次に、プロジェクトリーダーからプロジェクトマネージャーになることで変わることを紹介していきます。

魅力的に感じる要素があれば、プロジェクトマネージャーになることを目指してみてはいかがでしょうか。

変化することは良いこともあれば、人によっては悪くなってしまうこともあります。

年収が上がる

プロジェクトマネージャーになることができれば、年収が上がるメリットがあります。

年齢によって年収は大きく違ってきますが、エンジニアの年収は450万円前後、プロジェクトリーダーは500万円前後、プロジェクトマネージャーになると600万円前後となっています。

もちろん、実績や高ければ年収も上がる傾向があり、プロジェクトマネージャーで年収1000万円も夢ではありません。

人脈が広がる

プロジェクトマネージャーになれば人脈が広がることが期待できます。

エンジニアとプロジェクトマネージャーの仕事内容は大きく変わり、プロジェクトマネージャーになるとエンジニアよりも一層人との触れ合いが多くなり、自然と人脈が広がります。

人脈が広がることで上記で紹介したような各企業の情報などを入手することが期待できたり、最新の技術などを知ることにもつながります。

技術職から営業職寄りになる

上記でも紹介したようにプロジェクトマネージャーの仕事は技術職よりも営業職に近い内容になります。

そのため、エンジニアと比べると実際にする仕事内容はほとんど変わってしまいます。

人によっては営業職の方が向いている場合もありますが、人づきあいが苦手な人やコミュニケーション能力が乏しい人では、プロジェクトマネージャーの仕事に対応できない可能性もあります。

また、営業職ではなく、エンジニアとしての仕事にやりがいを見出すことができているのであれば、プロジェクトマネージャーになることで仕事に楽しさや目標を持つことができにくくなってしまうこともあります。

責任が大きくなる

プロジェクトマネージャーになれば、責任が大きくなります。

その理由はプロジェクトマネージャーはプロジェクトの責任者であるからです。

そのため、責任が大きくなることを求めていないのであれば、プロジェクトマネージャーになることを控える方がストレスなどを感じにくくなります。

プロジェクトマネージャー(PM)に転職することのメリット

プロジェクトマネージャーに転職することはどのようなメリットがあるのか気になる人もいるのではないでしょうか。

次に、プロジェクトマネージャーに転職することのメリットを紹介します。

年収を高めることができる

プロジェクトマネージャーに転職することで年収を高めることが期待できます。

プロジェクトマネージャーはエンジニア業界でも上の立場の役職であるため、エンジニアと比べても年収が高いです。

それだけ責任のある仕事も多いですが、人によってはやりがいに感じることもできるのではないでしょうか。

経済産業省が公表した「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」によれば、プロジェクトマネージャーの平均年収は891.5万円という結果が出ています。

プロジェクトマネージャーになるためには実績や経験を積む必要があるため、早くても30代や40代で任されることが多いです。

40代の平均年収は500万円前後と言われているため、40代でプロジェクトマネージャーになれれば他の40代の人と比べても年収が高い可能性があります。

ちなみにエンジニアの平均年収は550万円前後と言われているので、エンジニアからプロジェクトマネージャーに昇格できれば年収を100万円増やすことが期待できます。

人脈を広げることができる

プロジェクトマネージャーに転職できれば、人脈を広げることができます。

その理由はクライアントと話し合いをする機会が多かったり、プロジェクトメンバーなどを決める仕事があるため、必然的に多くの人と触れ合うからです。

人脈が広がれば、相談に乗ってもらうことができたり、転職先の情報などを事前に入手することも期待できます。

また、もし将来独立しようと考えている人も人脈が広がることは大きな武器となります。

独立することができやすくなる

プロジェクトマネージャーとして転職することができれば、独立することもできます

プロジェクトマネージャーはエンジニアとしても実績を積んでいる場合も多く、仕事をもらうことができれば、一人でマネジメントをしてシステムを組み立てることも可能です。

しかし、規模が大きいプロジェクトは一人で全て作業することができないので、一緒に仕事をしてくれる人を探さなければなりません。

しかし、人脈が広ければ人員を集めやすくなります。

プロジェクトマネージャー(PM)に転職するデメリット

上記ではプロジェクトマネージャーに転職するメリットを紹介しましたが、場合によってはデメリットになってしまうこともあります。

そのため、プロジェクトマネージャーに転職しようとしているのであれば、デメリットにも注目してから転職するかを決めるようにしましょう。

  • 性格によって向かない場合もある
  • 仕事内容が大きく変わる

性格によって向かない場合もある

プロジェクトマネージャーは人によって向き不向きがある役職です。

そのため、性格によってはプロジェクトマネージャーに転職するよりもエンジニアとして作業をしているほうが合っている場合もあります。

基本的にプロジェクトマネージャーはエンジニア関係の仕事ではありますが、マネジメント要素が強いため、エンジニア時代と同じように働くことができると思うと痛い目にあってしまいやすいです。

仕事内容が大きく変わる

プロジェクトマネージャーの仕事とエンジニアの仕事は大きく違います

プロジェクトマネージャーの仕事は顧客と話し合いをしたり、予算やスケジュールなどを決めなければなりません。

仕事内容が大きく変わることを望まない人もいるため、エンジニアからプロジェクトマネージャーに転職してしまうとストレスに感じてしまったり、エンジニアに戻りたい気持ちが出やすいです。

フリーランスエージェントは Tech Hive がおすすめ!
Tech Hive 成功事例

  1. 案件数5,000件以上の中からご紹介!
  2. 150万円以上の高単価案件あり!
  3. 希望条件から選べる働き方!

Tech Hive 運営

フリーランスになって希望の条件で仕事できていますか?

Tech Hiveは ”フリーランスへの高単価で魅力的な待遇” を約束いたします! まずは希望の働き方や不安に思っていることをご相談ください。 専門コンサルタントがどんな不安や疑問にも丁寧にお答えいたします。

Tech Hive公式HPはこちら

まとめ

プロジェクトマネージャーに転職するためにはやっておくべきことがあったり、転職することで変化することなどもあるため、事前に確認してくことをおすすめします。

特にプロジェクトマネージャーを目指している人や転職を考えている人ほど知っておいて損はないのではないでしょうか。

エンジニアやプロジェクトリーダーとして働いているのであれば、しっかり準備をしてプロジェクトマネージャーに転職してみてはいかがでしょうか。