フリーランスのPM(プロジェクトマネージャー)になりたい!必要なスキルや方法を紹介 - Tech Hiveマガジン

フリーランスのPM(プロジェクトマネージャー)になりたい!必要なスキルや方法を紹介

フリーランスのPM(プロジェクトマネージャー)になりたい!必要なスキルや方法を紹介

「会社員として、複数プロジェクトを担当して経験を積んできたから独立したい……。」

このようにPM(プロジェクトマネージャー)として、フリーランスを志す方も多いでしょう。

実際、PMのフリーランスは、市場価値が高く高収入も目指せます。

とはいえ、具体的な仕事の獲得方法が分からなければ、フリーランスとして活動できません。

そこで本記事では、PMのフリーランスとして活躍するために必要なスキルや仕事の獲得方法を紹介します。

注意点も解説しますので、ぜひ参考にしてください。

複数登録しておくと安心!おすすめできるフリーランスエージェント
TechHive
専門のコンサルタントが、5,000件以上もの案件の中から最適な案件をご紹介!

レバテックフリーランス
案件紹介だけでなく、企業との単価交渉や契約代行など、手厚いサポートが受けられる!

ITプロパートナーズ
クライアントと直接契約のため、高単価案件を獲得できるチャンス

フリーランスPMにおすすめのエージェントサービス3選

フリーランスPMにおすすめのエージェントサービス3選

それでは、フリーランスのPM案件を見つけるのにおすすめのエージェントサービスを3つ紹介します。

フリーランスエージェントの利用は無料なので、複数登録することをおすすめします。

それぞれのサービスを確認し、ぜひ案件獲得の参考にしてください。

サービス職種
Tech Hive各種エンジニア
PM・PMO
PdM
ITコンサルタント
レバテックフリーランスエンジニア
PM
PdMなど
ITプロパートナーズIT/WEB系
サービス案件数
Tech Hive5,000件以上
レバテックフリーランス4,000件(常時提案可能案件数)
ITプロパートナーズ5,300件
サービスリモート案件
Tech Hive有り
レバテックフリーランス有り
ITプロパートナーズ有り
サービス対応エリア
Tech Hive全国
レバテックフリーランス関東/東海/近畿/九州
ITプロパートナーズ東京/神奈川/茨城/千葉/埼玉/大阪/兵庫/福岡
 

Tech Hive

TechHive

出典:Tech Hive公式HP

職種各種エンジニア
PM・PMO
PdM
ITコンサルタント
案件数5,000件以上
高単価案件最高単価240万円/月
手数料
(中間マージン)
なし
案件確定スピード非公開
支払いサイクル30日/35日/45日※案件先によって変動あり
未経験可能案件なし
在宅・リモート案件
副業案件
利用・登録料金完全無料
対応エリア全国

Tech Hiveは、PM案件も数多く取り扱っているフリーランスエージェントです。

PMポジションの高単価案件も豊富にあり、上流工程で活躍したい人材をサポートします。

関東エリアを中心に、リモート案件も数多く取り扱っているため、地方在住者でも心配いりません。

無料相談でしっかりとヒアリングさせていただき、より良い案件のご提案をさせていただきますので、ぜひご活用ください。

福利厚生
サポート
・オンライン学習
・コミュニティ
・コワーキングスペース優待(全国123拠点)
・税務関連サービス優待
・ライフ関連サービス優待
・マネー関連サービス優待
・キャリア/デザイン関連サービス優待
・法務/契約関連サービス優待
運営会社株式会社Asikaze

公式サイト
https://asikaze.net/media/tech-hive/

比較表一覧へ戻る↑

レバテックフリーランス

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスは、高い継続率が魅力のフリーランスエージェントです。

利用者の契約更新率が93%と高く、案件の継続や次案件に参画しやすいのが特徴といえます。

また、75%の利用者がリモート案件で稼働しており、PM案件も取り扱っています。

また、首都圏のみならず、地方在住者向けのPM案件を取り扱うケースもあるため、地方在住で仕事を探している方でも高単価PM案件が見つかるかもしれません。

運営会社レバテック株式会社
職種エンジニア
PM
PdMなど
案件数4,000件(常時提案可能案件数)
在宅・リモート案件有り
副業案件有り
対応エリア関東/東海/近畿/九州

関連記事:レバテックフリーランスの評判まとめ!気になるメリット・デメリットを調査

比較表一覧へ戻る↑

ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズは、複数プロジェクトに並行して参加したいPMにおすすめのフリーランスエージェントです。

サービス内では週2から参画可能な案件も掲載しているため、週5フル稼働ではなく、掛け持ちをしたい方も利用できます。

また、仲介企業を介さず掲載企業と取引しているため、高単価案件が多いのも特徴といえるでしょう。

運営会社株式会社Hajimari
職種IT/WEB系
案件数5,300件
在宅・リモート案件有り
副業案件有り
対応エリア東京/神奈川/茨城/千葉/埼玉/大阪/兵庫/福岡

関連記事:ITプロパートナーズの評判まとめ!気になるメリット・デメリットを調査

比較表一覧へ戻る↑

PM(プロジェクトマネージャー)とは?

PM(プロジェクトマネージャー)とは?

PM(プロジェクトマネージャー)とは、企業が手がける商品やサービス、事業のプロジェクトを統括する責任者を指します。

主に、プロジェクトの遂行にかかる原価や品質担保、納期の厳守がタスクとして求められます。

IT業務においてPMは、ソフトウェアやアプリケーションなどの開発進行を統括するポジションに位置付けられます。

また、ステークホルダーとの信頼や協力関係の構築もしなければなりません。

フリーランスのPMの仕事内容

フリーランスのPMの仕事内容

フリーランスのPMとして行う仕事内容は、以下の4つが挙げられます。

  • プロジェクトの立ち上げ
  • 開発計画策定
  • 各工程の進捗管理
  • 全体のスケジュール管理

PMは、開発工程における作業者ではありません。

プロジェクト全体の進行を管理しつつ、各セクションで働くディレクターをはじめとするメンバーを動かすパイプ役のような認識で良いでしょう。

フリーランスのPMの収入・単価相場

フリーランスのPMの収入・単価相場

気になるフリーランスPMの収入ですが、年収の相場としては900万円前後が中央値とされています。

案件単価の中央値は79万円とされています。

もちろん、誰もが高収入を目指せるわけではありません。

プロジェクト全体を統括する役職ということもあり、その分案件単価も高く高収入を目指しやすいでしょう。

それだけ責任が伴い、尚且つ高いパフォーマンスを求められるポジションであることも理解しておいてください。

フリーランスのPMに求められる6つのスキル

フリーランスのPMに求められる6つのスキル

フリーランスのPMには、次の6つのスキルが求められます。

  1. プロジェクトマネジメントスキル
  2. アーキテクトスキル
  3. コミュニケーションスキル
  4. システム開発の理解
  5. 交渉・調整力
  6. 英語力・スキル

それぞれのスキルについて解説していきますので、自分の持っているスキルと照らし合わせて考えてみてください。

プロジェクトマネジメントスキル

まず、プロジェクト全体をマネジメントするスキルは欠かせません。

各業務の進捗や詳細を常に把握しつつ、遅れやトラブルが発生した場合には対応策の指示を出す、スケジュール調整を行うといった対応が要求されます。

プロジェクト全体をマクロな視点で見渡し、把握するスキルは、PMに要求される要素の一つといえるでしょう。

アーキテクトスキル

アーキテクトスキルとは、要件定義を基にさまざまな角度からプロジェクトを検討していく能力のことです。

例えば、予算やスケジュール、開発に必要な人材のアサインなど、プロジェクトを完成に導くには、さまざまな領域で想定される課題を解決する必要があります。

プロジェクトの課題を正確に把握し、打開案を打ち出していくスキルは、PMにとって重要な武器となるでしょう。

コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキルは、プロジェクトを統括するPMにとって欠かせません。

あらゆる工程でPMは各業務セクションと連携し、進行管理をしていく必要があります。

チャットやメール、打ち合わせなど、さまざまなコミュニケーションの機会を通じて、チームとの連携を取る必要があるでしょう。

また、フリーランスであれば、社外メンバーとしてプロジェクトに参加することになります。

マネージャーとしての能力を発揮していくためにも、信頼を勝ち得るコミュニケーションスキルが問われます。

システム開発の理解

直接開発工程に携わらないとはいえ、PMとしてシステム開発への理解も欠かせないスキルです。

エンジニアへの指示を的確に行うためには、PM自身がシステム開発の内容を深く理解していなければなりません。

その意味で、システム開発における実務経験や、PMへのキャリアチェンジ後も勉強し続ける姿勢が重要といえます。

交渉・調整力

プロジェクトにおいて、問題や課題は常に付き物です。

「予算がオーバーしてしまう」「スケジュールが遅れてしまう」など、トラブルの内容はさまざまです。

こうした不足の事態においてPMに求められるのは、緊急時に社内外の各所と交渉し、調整を行う能力です。

英語力・スキル

海外でのプロジェクトを担当するには、英語をはじめとした外国語のスキルが必要です。

PMは、社外とのやり取りで窓口となる場合も多いため、海外の担当者とのコミュニケーションを円滑に進めるためにも、英語力は要求されます。

もちろん、全てのプロジェクトで英語力が求められるわけではありません。

海外で活躍したいと考えているなら、仕事で活きる英語力を身に付けておきましょう。

フリーランスのPMとして独立する3つのメリット

フリーランスのPMとして独立する3つのメリット

フリーランスのPMとして独立するメリットは、大きく3つあります。

  1. 自身が望むキャリアを築くチャンスを掴める
  2. 高収入が期待できる
  3. 時間を柔軟に使える

自身が望むキャリアを築くチャンスを掴める

まず、フリーランスのPMは、自分の思い描く理想のキャリアパスを歩んでいけます。

会社員は、基本的に入社した企業の方針に従わなければなりません。

具体的なPMとしての仕事の進め方や方針は入社後にわかるため、きつい思いをする方もいるでしょう。

一方、フリーランスになると、自分の希望に合った仕事を選べます。

週3日の勤務や週5日フルコミットでの勤務など、いくつかの案件から選べるため、自分の思い描く働く方を実現できるでしょう。

そして、プロジェクトで結果を出せれば、それだけキャリアに実績が積み上げられます。

大きなプロジェクトに参加し、成果を上げられれば、より大きなステップアップも夢ではありません。

高収入が期待できる

前述したように、フリーランスのPM案件は80万円を超えるような高単価のものが多く、高収入を見込むことも可能です。

当然、仕事の難易度自体は高く、フリーランスとして参加する難しさもありますが、スキルを活かして結果を出せば、大きな収入アップも可能でしょう。

時間を柔軟に使える

フリーランスだからこそ、時間を柔軟に使って仕事ができるのは独立のメリットといえます。

例えば、午前中はミーティングや進捗管理などを行い、納品された成果物の確認は午後に行うといった割り振りができます。

プロジェクトを滞りなく進められるなら、柔軟な働き方が実現できるでしょう。

フリーランスのPMとして独立するときの注意点2つ

フリーランスのPMとして独立するときの注意点2つ

メリットの多いフリーランスのPMですが、独立する際には以下2つの点に注意してください。

  1. 豊富なプロジェクトの実務経験が求められる
  2. 首都圏や都市部のエリアに案件が集中する傾向にある

豊富なプロジェクトの実務経験が求められる

フリーランスのPMになる以上、発注側のクライアントからは相応のスキルやパフォーマンスを求められます。

当然、実際のパフォーマンスを見る目は厳しくなるでしょう。

会社員であれば、「育ててもらう」感覚で失敗しながらも、その経験を活かして次にトライしやすいです。しかし、フリーランスではそうはいきません。

プロジェクトを牽引する存在として、高いパフォーマンスを発揮するためにも、独立するまでにそれなりの実務経験やスキルが必要な点に注意しましょう。

首都圏や都市部のエリアに案件が集中する傾向にある

フリーランスのPM案件は、基本的に首都圏や都市部のエリアに集中しています。

そのため、完全リモートでない限り、地方在住しながら案件に携わるのは難しいでしょう。

地方でのPM案件は単価が下がる傾向にあるうえ、尚且つ母数も限られます。

「地方でゆったりと働きたい」と考えているなら、正直あまり向きません。

中には、月に数回出社で基本はリモートといった条件の案件もありますので、地方で働くなら、そうした仕事を探してみてください。

フリーランスのPMで仕事の獲得方法3選

フリーランスのPMで仕事の獲得方法3選

フリーランスのPMが仕事を獲得する方法は、大きく分けて3つあります。

  1. フリーランスエージェントサービスを活用する
  2. 自分で営業をする
  3. 人脈を増やして知人から直接紹介してもらう

フリーランスエージェントサービスを活用する

もっとも推奨する手段として、フリーランスエージェントを利用した案件獲得する方法があります。

エージェントサービスの中には、PM案件を取り扱っているものがあります。

サービスでは担当のエージェントを介して仕事の受注などを行うため、自分で営業活動をするよりも遥かに負担を少なくできる点がメリットです。

各サービスが設定したパーセント分、中間手数料を引かれてしまいますが、月収80万円を超える高単価案件も多く、高収入を目指せるでしょう。

自分で営業をする

自身で企業に直接営業活動を行う方法もあります。

基本的には企業へメールや電話でコンタクトを取り、案件に参加することになります。

エージェントサービスのように手数料はかかりませんが、PM業務以外に営業活動の負担もかかり、案件獲得のハードルも高いです。

営業のスキルをはじめ、相当な経験値がなければ、案件受注は難しいでしょう。

人脈を増やして知人から直接紹介してもらう

会社員時代に築いた人脈を活かし、同僚や知人などから案件を紹介してもらう方法もあります。

これまでに自分が得てきた関係性を使えるため、気軽に仕事探しができる方法ともいえるでしょう。

しかし、実際に案件を紹介してもらえるかどうかは運の要素が大きいため、不確実性は紹介のデメリットといえます。

フリーランスエージェントは Tech Hive がおすすめ!
Tech Hive 成功事例

  1. 案件数5,000件以上の中からご紹介!
  2. 150万円以上の高単価案件あり!
  3. 希望条件から選べる働き方!

Tech Hive 運営

フリーランスになって希望の条件で仕事できていますか?

Tech Hiveは ”フリーランスへの高単価で魅力的な待遇” を約束いたします!

まずは希望の働き方や不安に思っていることをご相談ください。

専門コンサルタントがどんな不安や疑問にも丁寧にお答えいたします。

Tech Hive公式HPはこちら

フリーランスのPMとしてスキルや経験を駆使して活躍しよう

フリーランスのPMとしてスキルや経験を駆使して活躍しよう

さまざまな経験を積みキャリアアップする上で、PMとして独立するのは一つの手段といえます。

求められるスキルの水準は高いものの、高単価案件に参画できれば収入アップも見込めるはずです。

また、独立した際には、フリーランスエージェントや人脈の活用など、複数の方法で案件獲得を目指すと仕事が取りやすくなります。

独立を検討している際は是非、本記事の内容を参考にしてみてください。