Webディレクターのフリーランスとして独立したい!業務内容や年収・案件例も紹介 - Tech Hiveマガジン

Webディレクターのフリーランスとして独立したい!業務内容や年収・案件例も紹介

Webサイトやメディア構築といったプロジェクトで、監督・指揮・管理するWebディレクター。

進行や品質管理を任される重要な役職であり、欠かせないポジションです。

IT人材は深刻な人手不足の中、重要なWebディレクターのフリーランス人材が重宝されてきました。

とはいえ、重要なポジションゆえにフリーランスとして活躍するのは容易ではありません。

しっかりとスキルセットを身につけて、正しい手順で案件獲得をする必要があります。

そこで本記事では、Webディレクターのフリーランス事情について解説します。

年収相場や実際の案件例、獲得方法なども紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

【2024年最新】フリーランスエージェントおすすめ比較24選!外さない選び方も紹介

Webディレクターのフリーランス人材は需要・将来性が高い

誰もがインターネットを使う時代になり、Webコンテンツの需要は増え続けています。

その中で、Webディレクターに対する需要も高まっているといえるでしょう。そしてそれは、フリーランス人材に関しても例外ではありません。

Web制作の案件は数多くある一方で、ディレクションができるWebディレクターの人材は不足している状況にあります。

そのため、さまざまな案件に参画可能で、なおかつ高いスキルを持ったフリーランスのWebディレクターには、高い需要と将来性があるといえるでしょう。

フリーランスWebディレクターの仕事内容

フリーランスWebディレクターの役割としては、Web制作におけるディレクション業務が主な仕事内容となります。

制作するWebコンテンツのスケジュール管理と調整、コンテンツの進捗管理と品質の監督など、求められる業務内容は多岐に渡ります。

その上で、制作を実際に進めるメンバーとのコミュニケーションも密に図る必要があります。

ディレクターとしての能力はもちろん、マネジメント能力も求められる点に、Webディレクターの難しさがあるといえるでしょう。

Webディレクターのフリーランスに必要な6つのスキル

続いて、フリーランスのWebディレクターに求められる下記6つのスキルを紹介していきます。

  1. Web制作の全般スキル・知識
  2. Webマーケティングのスキル
  3. コピーライティングのスキル
  4. マネジメントスキル
  5. コミュニケーションスキル
  6. マルチタスク管理スキル

全てを完璧に兼ね備えている必要はありませんが、磨いておいて損のないスキルばかりです。自分のスキルセットを確認する上でも、本項をチェックしてみてください。

Web制作の全般スキル・知識

WebディレクターはフリーランスでもWebコンテンツのディレクションを担うポジションです。

そのため、Web制作に関する全般的なスキルと、理解度は必ず求められます。Web制作を行う際の流れはもちろん、制作するコンテンツの内容についても理解度が試されます。制作に関する知識とスキルがなければマネジメントやディレクションそのものが不可能となるため、誰よりも高いスキルが求められるといえるでしょう。

Webマーケティングのスキル

Web制作は集客などを目的として行われることが大半です。

そのため、Web制作に関する部分に留まらず、Webマーケティングに関しても、一定のスキルは求められます。

Web制作は作って終わり、ではなく、制作したサイトのアクセスを細かに分析し、改善に繋げていく必要があります。そのため、ある程度マーケティングについての理解も要求されると認識しておくのが無難です。

コピーライティングのスキル

キャッチコピーや記事のタイトルなど、Webサイトにおいてもコピーライティングのスキルは人を集める上で欠かせない要素です。

そのため、効果的なコピーライティングについても、Webディレクターは知っておく必要があります。サイトの顔ともなるコピーライティングは、より大きな効果を発揮する上で重要です。

マネジメントスキル

Webディレクターの業務内容には、スケジュール調整や各業務の進捗管理、品質のチェックと改善などが含まれます。

そのため、上記を監督するマネジメントスキルも重要なスキルの一つです。単にサイトの方向性を定めるだけではなく、業務過程で生じる細かな調整を行うことも求められるため注意してください。

コミュニケーションスキル

Webディレクターは制作において各セクションのパイプとなるポジションです。

制作メンバーから編集、デザイナーなど、全ての部門と連携をとることが成功への鍵といえます。そのためにはコミュニケーションスキルを活かして、密な連携をとることが重要です。指示を出せればOKではなく、しっかりと信頼関係を構築するコミュニケーションスキルも求められる点に注意してください。

マルチタスク管理スキル

Webディレクターはサイトのデザインやコンテンツの方向性、品質の管理やスケジュール調整など、さまざまな業務を行うポジションとなります。

その過程で発生するタスクは多岐に渡るでしょう。そのため、マルチタスクをしっかりと管理しつつ、並行できるマルチタスク管理もWebディレクターには不可欠です。

フリーランスWebディレクターの年収・案件単価

Tech Hiveによると、フリーランスWebディレクターの単価相場としては、月70万円程度です。

年収に換算すると840万円程度となります。

ディレクションを担うポジションとあるだけに、高い年収を目指せる可能性を秘めていますが、案件によって単価にはバラつきがあります。

受注できる案件の質は自身のスキルと経験次第という点には注意してください。

Webディレクターのフリーランス案件例

では、弊社が抱えるフリーランスWebディレクターの案件例を一部下記にまとめました。

案件例 【ディレクター|複業】ディレクター 募集
案件単価 〜45万円
※週3〜4勤務
勤務地 フルリモート
スキル ディレクター経験2年以上
職種 ディレクター

Tech Hiveには、副業でも収入を得られる高単価案件が豊富にあります。ぜひお気軽にご相談ください。

Tech Hiveの案件を無料で見る

Webディレクターの案件獲得におすすめのフリーランスエージェント5選

それでは、Webディレクター向けにおすすめのフリーランスエージェントを5つ紹介していきます。

  1. Tech Hive
  2. レバテックフリーランス
  3. Midworks
  4. ランサーズエージェント
  5. ギークスジョブ

自分に合うものがあるかどうか、サービスごとの特色を見極めつつ検討してみてください。

Tech Hive:高単価案件が豊富!

Tech Hive
(出典:Tech Hive公式HP

運営会社 株式会社Asikaze
職種 各種エンジニア
PM・PMO
PdM
ITコンサルタント
案件数 5,000件以上(2024年2月時点)
在宅・リモート案件
副業案件
対応エリア 全国

Tech Hiveは、高単価案件を豊富に取り揃えたフリーランスエージェントです。

5,000件以上の案件を抱えており、Webディレクター向けの案件も多数含まれています。

また、中には月単価100万円を超える案件も含まれるため、収入アップを目指す方にもおすすめです。

担当エージェントのカウンセリングで希望も伝えやすく、収入アップを目指しつつ、フリーランスとして希望通りの案件に参画したい場合は、ぜひ活用してみてください。

Tech Hive公式HPはこちら

レバテックフリーランス:対応エリアが広く初心者でも利用しやすい!

レバテックフリーランス(出典:レバテックフリーランス公式HP

運営会社 レバテック株式会社
職種 エンジニア
PM
PdMなど
案件数 4,000件(常時提案可能案件数)
※2024年2月時点
在宅・リモート案件
副業案件
対応エリア 関東/東海/近畿/九州

レバテックフリーランスは、フリーランス初年度からでも使いやすいフリーランスエージェントです。

関東、東海、近畿、九州と幅広いエリアに対応しているため、地方在住者でも利用しやすくなっています。

担当エージェントから継続案件の提案を含めたサポートも受けられるため、何かと不安や懸念点の多いフリーランス初年度の方でも安心して使うことができます。

レバテックフリーランスの評判まとめ!気になるメリット・デメリットを調査

Midworks:非公開案件数も豊富!

Midworks(出典:Midworks公式HP

運営会社 株式会社Branding Engineer
職種 エンジニア職など
案件数 9,893件以上
在宅・リモート案件
副業案件 ×
対応エリア 全国

Midworksは、非公開案件数の多さが特徴のフリーランスエージェントです。

全体の80%が非公開案件となっているため、独自の案件などに出会いたい場合には利点の多いサービスといえるでしょう。

また、審査基準を満たした利用者には案件が途切れた際6割の報酬保証サポートがあるなど、フリーランスの不安に寄り添ったサービスです。

案件の約70%がエンド直のため、利用者の平均年収が840万円を超えています。

年収UPを狙いたい方におすすめのフリーランスエージェントです。

Midworks(ミッドワークス)の評判まとめ!気になる口コミを調査

ランサーズエージェント:ミドルクラスからハイクラスまで幅広い案件に出会える!

ランサーズエージェント(出典:ランサーズエージェント公式HP

運営会社 ランサーズ株式会社
職種 エンジニア・デザイナー・PM・マーケターなど
案件数 13,000件(2024年2月時点)
在宅・リモート案件
副業案件 ×
対応エリア 1都3県(リモート案件は全国)

ランサーズエージェントは、クラウドソーシングサービス大手のランサーズが運営元のフリーランスエージェントです。

さまざまな職種の案件を取り扱っており、特にエンジニア案件が豊富です。

全体の案件数も10,000件以上とかなり多く、ミドルクラスからハイクラスまで、幅広い層の案件に出会える点が特徴といえるでしょう。

また、85%以上が在宅案件のため、一人一人のライフワークに合わせた案件紹介が可能です。

元請け案件や商流の浅い案件が多いため高単価案件も多く、年収が140万円UPした事例もあります。

報酬ベースを上げていきたいフリーランスエンジニアにおすすめのサービスです。

ランサーズエージェントの評判は?口コミからわかるメリット・デメリットも解説

ギークスジョブ:全体の8割が在宅案件!

ギークスジョブ(出典:ギークスジョブ公式HP

運営会社 ギークス株式会社
職種 エンジニア
案件数 4,143件(2024年2月時点)
在宅・リモート案件
副業案件
対応エリア 東京・神奈川・福岡・大阪・名古屋

ギークスジョブは、在宅案件の多さが特徴のフリーランスエージェントです。

全体の8割が在宅・リモート案件となっているため、事情により出社が難しい方でも気軽に利用できる点がメリットとなっています。

利用者の平均年収も高く、収入アップを目指しつつ、希望の働き方を叶えたい場合には相性の良いサービスといえるでしょう。

ギークスジョブの評判は?口コミからわかるメリット・デメリットを解説

フリーランスのWebディレクターが案件を受注する方法

続いては、フリーランスのWebディレクターが案件を受注する上で活用できる5つの方法を紹介していきます。

  1. フリーランスエージェントを活用する
  2. クラウドソーシングを利用する
  3. 求人サイトを利用する
  4. 直接営業する
  5. 友人・知人から案件の紹介をもらう

フリーランスエージェントを活用する

なるべく案件を探す負担を軽減しつつ、希望の案件を受注したい場合は、フリーランスエージェントの活用がおすすめです。

エージェントからの紹介という形でフリーランス向けの案件を受注できるため、一から案件を探す必要がありません。

なお、案件紹介の前には各サービスの担当エージェントが希望条件などのカウンセリングを行ってくれるため、ある程度ミスマッチの予防も可能です。

クラウドソーシングを利用する

フリーランスであれば、クラウドソーシングサービスの利用も定番の案件獲得方法です。自身のポートフォリオなどを活用してクライアントにアピールできるため、自分のスキルなどを売り込みやすい点がメリットです。

Web制作系の案件も比較的豊富で、ディレクター案件も探しやすい案件獲得方法の一つです。

求人サイトを利用する

求人サイトというと正社員での転職などに使うイメージがありますが、業務委託案件を取り扱っている場合もあります。

Webディレクター向けの案件を掲載していることもありますので、定期的にチェックする癖を付けておくとよいでしょう。求人サイト経由であれば怪しいクライアントを避けやすいため、フリーランスにとってはメリットも多い案件獲得方法です。

直接営業する

自身の営業力や発信力に自信がある場合は、直接企業に営業をかけるのも一つの手です。中間マージンなどを挟まずに契約できるため、報酬額を全て受け取れる点などは大きなメリットでしょう。

ただし、営業における条件交渉なども自分で行う必要があります。キャパシティーに自信がある場合のみ、チャレンジする価値のある方法です。

友人・知人から案件の紹介をもらう

業界内に友人や知人がいる場合には、案件を紹介してもらうことも視野に入れましょう。

もし人手の足りない案件を知っていれば、Webディレクター案件を仲介してくれる可能性があります。コンタクトをとった知人が実際に案件を持っているかどうかは運しだいの部分もあります。過度の期待は禁物です。

フリーランスのWebディレクターになるメリット

ここからは、フリーランスのWEBディレクターとして働くメリットを紹介します。

フリーランスのWebディレクターになるメリットは、以下の通りです。

  • 高年収・収入アップを期待できる
  • 時間や場所に縛られず自由な働き方ができる
  • 仕事を通してスキルアップを望める

高年収・収入アップを期待できる

フリーランスのWEBディレクターは近年需要が高い状態にあります。

実際にTech Hiveでは、月70万円以上の高単価を提示するWebディレクター案件が多数掲載されています。

年収に換算すると、840万円程度で高年収を期待できるでしょう。

時間や場所に縛られず自由な働き方ができる

在宅ワーク案件を選べば出勤する必要がなくなり、通勤時間を有効活用し体力も温存することができます。

また仕事場所も問われないため、カフェや旅行先で仕事に取り組むことも可能です。

仕事を通してスキルアップを望める

フリーランスは正社員よりも、自身のスキルや実績のみで案件を獲得していかなければなりません。

常にスキルが求められる環境にあるため、仕事に取り組むことで自ずとスキルが向上します。

また、スキルアップ可能な案件を紹介してくれるフリーランスエージェントも存在します。

1つの会社の中で仕事をこなすよりも幅広い経験ができる可能性があり、自分のスキルをさらに磨くことが可能です。

フリーランスのWebディレクターになるデメリット

ここからは、フリーランスのWEBディレクターとして働くデメリットを紹介します。

フリーランスのWebディレクターになるデメリットは、以下の通りです。

  • 事務や雑務も自分で対応する必要がある
  • 収入が不安定になる

事務や雑務も自分で対応する必要がある

フリーランスは、業務以外に確定申告のような税務関連の書類など、すべて自分自身で行う必要があります。

手間のかかる作業ですが、会計ソフトなどをうまく利用してみるのもおすすめです。

下記の記事では、初心者でも安心して確定申告ができるようになる会計ソフトを紹介しています。気になる方はチェックしてみてください。

会計ソフトのおすすめ13選!選び方も解説【法人・個人事業主必見】

 

収入が不安定になる

フリーランスのWebディレクターは好条件の案件を多く獲得できると高収入を狙えますが、スキルが不足していたりニーズに合わないと、思うように仕事を獲得できない可能性があります。

フリーランスになる前に、どのくらいの収入が見込めるのかフリーランスエージェントに確認してもらうのがおすすめです。

また、フリーランスになって一度案件を獲得できても、次の仕事をスムーズに探すのも大事なことです。

安定してフリーランスを続けるためには、契約継続期間が長いフリーランスエージェントを利用したり、複数のフリーランスエージェントサービスを利用して仕事のない期間が生まれないように工夫しましょう。

フリーランスエージェントは複数登録!すべき理由と注意点を紹介

フリーランスのWebディレクターに関するよくある質問

では最後に、フリーランスのWebディレクターについて、よくある質問をまとめてみました。

未経験からフリーランスのWebディレクターになれますか?

結論からいえば、未経験からでもフリーランスのWebディレクターになることは可能です。

しかしながら、未経験のままで案件の受注は容易ではありません。そのため、未経験からしっかりとWebディレクターに関する知識やスキル、実務経験を積みましょう。

挑戦できるスキルレベルや経験を積まなければ、フリーランスのWebディレクターとして活躍できないと考えるのが無難です。

Webディレクターは副業でも受注できますか?

副業でもWebディレクターの案件は受注可能です。業務委託案件には副業を前提とした週2、3の案件も多く、並行して仕事をしているWebディレクターも数多くいます。

ただし、本業に並行してWebディレクター案件を受注する場合には、本業の就業規則に抵触しないよう、事前の確認は必ず行いましょう。

Webディレクターのフリーランスは業務委託契約になりますか?

基本的に、フリーランスのWebディレクターは業務委託案件をクライアントと結んで仕事を進めていく形になります。

業務開始前には必ず書面で業務委託契約を交わす必要があります。

後のトラブルなどを回避する意味でも、業務委託契約をしっかりと結んでいないクライアントとは仕事をしない方が無難でしょう。

フリーランスエージェントは Tech Hive がおすすめ!

Tech Hive 成功事例

  1. 案件数5,000件以上の中からご紹介!
  2. 150万円以上の高単価案件あり!
  3. 希望条件から選べる働き方!

Tech Hive 運営

フリーランスになって希望の条件で仕事できていますか?

Tech Hiveは ”フリーランスへの高単価で魅力的な待遇” を約束いたします!

まずは希望の働き方や不安に思っていることをご相談ください。

専門コンサルタントがどんな不安や疑問にも丁寧にお答えいたします。

Tech Hive公式HPはこちら

フリーランスのWebディレクターとして理想の案件を獲得しよう

Webディレクターは需要と供給が釣り合っていない現状、フリーランスでの可能性を秘めたポジションです。

求められるスキルが多いとはいえ、高収入を得るハイキャリア人材になることも十分できるでしょう。

フリーランスのWebディレクターを目指す場合には、本記事の内容を参考に準備をし、挑戦してみてください。