Flutterエンジニアのフリーランスになるには?未経験から求人案件獲得までの流れも紹介 - Tech Hiveマガジン

Flutterエンジニアのフリーランスになるには?未経験から求人案件獲得までの流れも紹介

スマートフォンのアプリ開発に特化したモバイルフレームワークのFlutter。

Googleが正式リリースしたフレームワークであり、大きな注目を集めています。

iOSとAndroid両方に対応したアプリ開発ができるため需要が高く、Flutterのフリーランスエンジニアになりたい方も少なくありません。

今後目指し始める方もどんどん増えてくるでしょう。

そこで本記事では、Flutterのフリーランスエンジニアに必要なスキルや案件獲得方法を紹介します。

未経験からフリーランスを目指す流れも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

複数登録しておくと安心!おすすめできるフリーランスエージェント
TechHive
専門のコンサルタントが、5,000件以上もの案件の中から最適な案件をご紹介!
ギークスジョブ
案件の80%以上がリモート案件!月90万円以上の高単価案件も充実!
Midworks
利用者平均年収840万円を実現!

Flutterとは?

Flutterとは、Google社が公式で提供しているオープンソースのフレームワークです。

Flutterで開発できるのは、Google社が開発したAndroidアプリだけではありません。

Apple開発のiOSとも互換性の高いアプリケーションが開発できるため、重宝されるフレームワークでもあります。

さまざまな分野での開発効率が非常に高い特徴があります。

気になるフリーランスFlutterエンジニアの需要・将来性は高い

結論、Flutterの需要や将来性は非常に高く、フリーランス人材もより求められるといえます。

各ワードにおける人気度の変動を確認できる「Googleトレンド」で見てみると、Flutterは常に高い水準で注目度を維持していることが分かります。

地域ごとの検索状況を見ても、その注目度の高さは明らかでしょう。

参照:Googleトレンド

Flutterは、Androidのアプリ開発をはじめ、iOSとさまざまなプラットフォームの開発に用いることが可能です。

そのため、Flutterに関して高いスキルを持ったフリーランス人材への需要は今後も高まっていくことが予想されます。

フリーランスFlutterエンジニアの主な仕事内容はモバイルアプリ開発

フリーランスFlutterエンジニアの主な仕事内容は、モバイルアプリの開発業務です。

Flutterは、AndroidやiOSとプラットフォームを横断したアプリの開発に活用できます。

この特徴を活かしたモバイルアプリの開発案件は、フリーランスのFlutterエンジニアが受注する案件として今後も中心を占めていくでしょう。

なお、モバイルアプリの開発案件においては、UI/UXの設計やアプリ内でのアニメーション作成など、さまざまな領域でのスキルが求められます。

フリーランスFlutterエンジニアに必要な6つのスキル

フリーランスのFlutterエンジニアに求められるスキルとしては、以下6つが挙げられます。

  1. Flutterでの開発スキル・実務経験
  2. 他言語・フレームワークの知識・スキル
  3. スマホアプリネイティブ言語の知識スキル
  4. UI/UXの基礎スキル
  5. 上流工程の経験・スキル
  6. コミュニケーションスキル

独立する前に、求められるスキルを把握・習得していきましょう。

Flutterでの開発スキル・実務経験

Flutterを扱うのであれば、フレームワークを用いた開発のスキルや実務レベルでの経験は欠かせません

UI/UXの設計やアプリウィジェットの作成、動作パフォーマンスの最適化など、アプリ開発現場で発揮できるFlutterのスキルがあればフリーランス人材としての希少価値を高めることができます。

他言語・フレームワークの知識・スキル

プログラミング言語やフレームワークに関する知識やスキルも必要です。

Flutterエンジニアであれば、特に関わりの深いプログラミング言語「Dart」に関する知識とスキルは備えておきたいところです。

いくつかの言語やフレームワークに精通していることで、受注可能な案件をさらに広げることにもつながります。

日頃から広い分野にアンテナを向けつつ、学習し続ける意欲が重要といえます。

スマホアプリネイティブ言語の知識スキル

スマホアプリの開発に欠かせない言語の知識やスキルも欠かせません。

具体的には、次の言語をはじめとした知識とスキルがあると望ましいといえます。

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • PHP
  • Ruby
  • Java
  • Python

上記の他にもスマホアプリの開発で役立つ言語は多々あります。

こうした幅広いプログラミング言語が扱えるなら、さまざまなアプリ開発案件に参画できる可能性を高められます。

UI/UXの基礎スキル

アプリの見た目や使いやすさを左右するUI/UXの基礎的なスキルも備えておきましょう。

Flutterでは、スマホアプリの開発案件がメインとなります。

ユーザーの体験の質を左右するUI/UXの構築やデザインに関して理解を深めておけば、仕事の幅をより広げられます

上流工程の経験・スキル

よりレベルの高いFlutterエンジニアを目指すうえでは、上流工程でも活躍できる経験やスキルが欠かせません。

アプリ開発における上流工程とは、具体的に要件定義や基本・詳細設計など、アプリの開発作業前に発生する業務を指します。

上流工程の業務をこなす経験やスキルを身につけることで、Flutterを使ったアプリ開発案件で広い領域に携わることができるようになります

高単価案件にも参画できるチャンスも高まるでしょう。

コミュニケーションスキル

フリーランスも仕事をするにあたって、チームやクライアントとの関係性が重要です。

特にフリーランスエンジニアは、外部からクライアントの開発チームに参加するため、一からメンバーと関係構築をしていくコミュニケーションスキルが求められます。

ビジネス上の対人関係を良好に保つスキルを磨くためにも、相手を思いやり、仕事として正しい言葉遣いができるようにしておきましょう。

フリーランスFlutterエンジニアの案件単価・平均年収

Tech Hiveが保有する案件をもとにすると、Flutterエンジニアの案件単価は平均60万円です。

これを12ヶ月分に換算すると、平均年収は720万円前後となります。

Flutterのフリーランス向け案件は、高単価のものも多く、中には100万円以上の案件も掲載されています。

スキルや経験、実績次第では、1,000万円以上の高年収も実現不可能ではありません。

フリーランスFlutterエンジニアにフルリモート案件はある?

結論からいえば、フリーランスFlutterエンジニアにもフルリモート案件はあります

ただし、一部出社が必要な「一部リモート」案件などに比べると、フルリモート案件の数は決して多くありません。

Flutterを使ったアプリ開発は、個人に一任される業務ではなく、チームで開発を進めていくのが基本です。

連携の取りづらいフルリモート環境の案件は、常駐型や一部リモートよりも希少性が高く、案件の獲得段階で信頼を獲得できるかが受注の大きな鍵を握ります。

フリーランスFlutterエンジニアの案件例

弊社Tech Hiveにて実際に掲載されているFlutterの案件は、以下の通りです。

案件名【エンド直】Flutterでのアプリ開発業務
案件単価〜100万円
勤務地スマホアプリ開発経験3年以上、Flutterでの開発経験3年以上、バック/フロントエンドの知見
スキルリモート・出社併用
職種・ポジションエンジニア

詳しくは、Tech Hiveサービスページから登録後、確認してください。

Tech Hiveの案件を無料で見る

未経験からフリーランスFlutterエンジニアを目指す手順4ステップ

ここでは、未経験からフリーランスFlutterエンジニアを目指すために、4つのステップをそれぞれ解説していきます。

  1. Flutterの知識とスキルを身につける
  2. 企業に就職して実務経験を2〜3年積む
  3. 副業案件から受注する
  4. フリーランスとして独立する

全くの未経験からフリーランスを目指す方も少なくありません。正しい手順で取り組み、一つずつ目標に近づいていきましょう。

Flutterの知識とスキルを身につける

まずは、Flutterエンジニアとなるうえで欠かせないFlutterの知識とスキルを身に付けていきましょう。

業界未経験であれば、Flutterの知識以外にもアプリ開発の流れや工程、開発作業に用いるDartなどの言語に関するスキルなども併せて学ぶ必要があります。

Flutterだけを学習するのではなく、Flutterを使ったアプリ開発で必要な知識を幅広く身に付けられるよう、相応の学習期間を設けるのが無難です。

企業に就職して実務経験を2〜3年積む

実務にも対応できる知識・スキルレベルに達した段階で、企業に就職してFlutterを使った実務経験を少なく見積もって2〜3年程度積んでいきましょう。

スキルと知識があっても、信頼に足る実績がなければフリーランスとしての活動は難しくなります。

独立する上での礎を作る意味でも、企業の正社員として数年間実務経験を積むのは必須です。

副業案件から受注する

できれば、独立前にFlutterを使った副業案件を受注し、納品まで完走してみましょう。

個人での案件受注、作業、納品を前もって経験しておくことで、独立した後の動き方などをより具体的にイメージすることができます。

本業以外の時間で副業可能な案件を定期的にチェックし、アプリ開発系の案件に参画できるように動いてみましょう。

関連記事:SEの副業でおすすめのサービス3選!システムエンジニアで収入UPを目指したい方必見

フリーランスとして独立する

上記のステップを全て経た段階で、いよいよフリーランスとして独立の準備が整いました。

スキルと知識を身に付け、実務で実績と経験を積んだ状態であれば、フリーランスエンジニアとしても充分、Flutterを使った開発案件を受注できるはずです。

作業環境を整えたら、以降で紹介する案件の獲得方法を駆使しながら受注していきましょう。

フリーランスFlutterエンジニアの案件獲得方法4選

ここでは、フリーランスFlutterエンジニアにおすすめの案件獲得方法を4つ紹介していきます。

  1. フリーランスエージェントを活用する
  2. クラウドソーシングサービスに登録する
  3. SNSや問い合わせフォームなどから営業をかける
  4. 友人・知人から案件を紹介してもらう

それぞれの方法に強みがありますので、把握して活用することで、効果を最大化していきましょう。

フリーランスエージェントを活用する

希望条件に合わせた案件を探したい場合には、フリーランスエージェントの活用がおすすめです。

サービス登録後、担当エージェントとのカウンセリングなどを経て案件を紹介してもらう流れが一般的です。

自身で案件を探す労力を最小限にしつつ、希望に沿った仕事の紹介を受けられるため、営業には苦労しません。

なお、フリーランスエージェントではTech Hiveがおすすめです。

高単価案件も豊富に扱っておりますので、ぜひサービスページからお気軽にご相談ください。

Tech Hiveの案件を無料で見る

関連記事:フリーランスの仕事探し完全ガイド!おすすめの求人サイト18選を紹介

クラウドソーシングサービスに登録する

クラウドソーシングサービスの活用も効果的です。

掲載されている案件の中に希望のものがあれば、ポートフォリオなどを送付して応募する流れになります。

中には、Flutterエンジニア向けの案件が掲載されていることもあるため、定期的にチェックして案件を確認してみましょう。

SNSや問い合わせフォームなどから営業をかける

SNSのDMや、企業の問い合わせフォームから直接個人で営業をかける方法もあります。

自分と企業の直接取引となるため、成功した際には報酬額をそのまま受け取れるのがメリットといえるでしょう。

ただし、交渉や契約も全て自分で負担しなければならず、必ずしも成約するとは限りません。

営業力に自信があるなら、有効な手段になります。

友人・知人から案件を紹介してもらう

IT業界に知人や友人がいる場合には、人脈を活用して案件紹介をしてもらう方法も効果的です。

うまくいけば好条件の案件に出会える可能性もあるでしょう。

ただし、身近に企業を紹介してくれる知人や友人が必ずしもいるとは限りません。

フリーランスエージェントなどを活用しながら、紹介があればラッキーだという程度に考えておきましょう。

Flutterエンジニア向けフリーランスエージェントのおすすめ5選

Flutterエンジニア向けのフリーランスエージェントは、下記の5つです。

複数のサービスを併用するのもおすすめです。

それぞれのサービスの特徴などを解説していきますので、参考にしてみてください。

サービス 職種 案件数 リモート案件 副業案件 対応エリア
Tech Hive 各種エンジニア
PM・PMO
PdM
ITコンサルタント
5,000件以上 有り 有り 全国
ギークスジョブ エンジニア 4,143件 有り 有り 東京・神奈川・福岡・大阪・名古屋
Midworks エンジニア職など 9,893件以上 有り なし 全国
レバテックフリーランス エンジニア
PM
PdMなど
4,000件(常時提案可能案件数) 有り 有り 関東/東海/近畿/九州
ITプロパートナーズ IT/WEB系 5,300件 有り 有り 東京/神奈川/茨城/千葉/埼玉/大阪/兵庫/福岡

Tech Hive

TechHive

出典:Tech Hive公式HP

職種各種エンジニア
PM・PMO
PdM
ITコンサルタント
案件数5,000件以上
高単価案件最高単価240万円/月
手数料
(中間マージン)
なし
案件確定スピード非公開
支払いサイクル30日/35日/45日※案件先によって変動あり
未経験可能案件なし
在宅・リモート案件
副業案件
利用・登録料金完全無料
対応エリア全国

Tech Hiveは、担当エージェントの丁寧なサポートや、案件の質が魅力のフリーランスエージェントです。

登録後は丁寧なカウンセリングのもと、希望条件にマッチする案件紹介を受けることが可能です。

総案件数も5,000件と豊富で、Flutter案件も多数取り扱っています。

これから案件を探したい方や、中々案件が見つからない方も、ぜひTech Hiveを活用してみてください。

福利厚生
サポート
・オンライン学習
・コミュニティ
・コワーキングスペース優待(全国123拠点)
・税務関連サービス優待
・ライフ関連サービス優待
・マネー関連サービス優待
・キャリア/デザイン関連サービス優待
・法務/契約関連サービス優待
運営会社株式会社Asikaze

公式サイト
https://asikaze.net/media/tech-hive/

比較表一覧へ戻る↑

ギークスジョブ

出典:ギークスジョブ公式HP

ギークスジョブは、総案件のうち約80%がリモート案件のフリーランスエージェントです。

フリーランスになるからには、できれば在宅・リモートで働きたい方も少なくありません。

そうした条件にマッチする案件が見つかる可能性が高い点が特徴です。

運営会社ギークス株式会社
職種エンジニア
総案件数4,143件
在宅・リモート案件有り
副業案件有り
対応エリア東京・神奈川・福岡・大阪・名古屋

関連記事:ギークスジョブの評判は?口コミからわかるメリット・デメリットを解説

比較表一覧へ戻る↑

Midworks

出典:Midworks公式HP

Midworksは、サポート体制の充実度が魅力のフリーランスエージェントです。

案件が途切れてしまった場合、審査基準を満たしていれば最大6割までの報酬保証を受けることが可能です。

案件がなくなるのはフリーランスにとって一番避けたいリスクとなるため、保証がある点が強みといえます。

運営会社株式会社Branding Engineer
職種エンジニア職など
総案件数9,893件以上
在宅・リモート案件有り
副業案件なし
対応エリア全国

関連記事:Midworks(ミッドワークス)の評判まとめ!気になる口コミを調査

比較表一覧へ戻る↑

レバテックフリーランス

出典:レバテックフリーランス公式HP

レバテックフリーランスは、多様な働き方に対応できるフリーランスエージェントです。

常駐案件はもちろん、リモート案件や掛け持ち可能な案件も取り揃えているため、希望する働き方を叶えることが可能です。

関東以外に東海、近畿、九州エリアの案件も掲載しており、首都圏以外の案件に巡り合うチャンスもあるでしょう。

運営会社レバテック株式会社
職種エンジニア
PM
PdMなど
案件数4,000件(常時提案可能案件数)
在宅・リモート案件有り
副業案件有り
対応エリア関東/東海/近畿/九州

関連記事:レバテックフリーランスの評判まとめ!気になるメリット・デメリットを調査

比較表一覧へ戻る↑

ITプロパートナーズ

出典:ITプロパートナーズ公式HP

ITプロパートナーズは、対応エリアの広さに特徴があるフリーランスエージェントです。

関東圏から関西、九州まで対応しているため、地方在住者でも案件を探しやすい点がメリットといえます。

また、週2から参画可能な副業案件の取り扱いも豊富で、多様なフリーランスの働き方を実現可能です。

運営会社株式会社Hajimari
職種IT/WEB系
総案件数5,300件
在宅・リモート案件有り
副業案件有り
対応エリア東京/神奈川/茨城/千葉/埼玉/大阪/兵庫/福岡

関連記事:ITプロパートナーズの評判まとめ!気になるメリット・デメリットを調査

比較表一覧へ戻る↑

フリーランスエージェントは Tech Hive がおすすめ!
Tech Hive 成功事例

  1. 案件数5,000件以上の中からご紹介!
  2. 150万円以上の高単価案件あり!
  3. 希望条件から選べる働き方!

Tech Hive 運営

フリーランスになって希望の条件で仕事できていますか?

Tech Hiveは ”フリーランスへの高単価で魅力的な待遇” を約束いたします!

まずは希望の働き方や不安に思っていることをご相談ください。

専門コンサルタントがどんな不安や疑問にも丁寧にお答えいたします。

Tech Hive公式HPはこちら

フリーランスのFlutterエンジニアで高収入を目指そう

Flutterは、スマートフォンアプリ開発という需要の大きなジャンルで活用されているため、フリーランスのスペシャリストなら今後も高い需要があります。

未経験からでも正しいステップを踏めば独立も十分に可能です。

本記事を参考にしながら、自分に合った案件を探し、Flutterのフリーランスエンジニアとして新しいキャリアをスタートさせましょう。