システムエンジニア(SE)の専門学校で学べること - Tech Hiveマガジン

システムエンジニア(SE)の専門学校で学べること

コンピュータのシステムを設計するシステムエンジニアは、IT業界で重要な役割を担っています。

しかし、システムエンジニアになるには、どんな勉強をすればいいのでしょうか。

この記事では、システムエンジニアの専門学校で学ぶ内容について解説します。

【2024年最新】フリーランスエージェントおすすめ比較24選!外さない選び方も紹介

システムエンジニアの専門学校の特徴

システムエンジニアはコンピュータのシステムを設計する仕事です。

システムエンジニアになるには専門的な知識や技術が必要ですが、システムエンジニアの専門学校では短期間でそれらを学ぶことができます。

実践的なカリキュラムや産学連携の取り組み、就職サポート体制や専門性の高い講師陣など、システムエンジニアに必要な要素が揃っています。

実践的なカリキュラム

実際にシステムを開発するために必要なプログラミング言語やデータベース、ネットワークなどを学びます。

また、チームでプロジェクトを行ったりコンテストに参加したりすることで、現場で役立つスキルや経験を積むことができます。

産学連携の取り組み

IT業界と連携して最新の技術やトレンドに触れることができます。

例えば、企業からの課題を解決するプロジェクトやインターンシップを行ったり業界の専門家から講義や指導を受けたりすることができます。

就職サポート体制の整備

就職活動に向けてさまざまなサポートを受けることができます。

例えば、履歴書や面接の指導や模擬試験を行ったり就職ガイダンスや合同企業説明会を開催したりすることがあります。

また、多くの卒業生がIT業界で活躍しているため、就職先の紹介や情報交換も行われます。

専門性の高い講師陣

システムエンジニアの専門学校では、IT業界出身の講師が多く在籍しています。

そのため、実践的な知識や技術だけでなく、現場で必要なマナーやコミュニケーションも教えてくれます。

また、個別指導や相談にも応じてくれるため、自分のペースで学ぶことができます。

システムエンジニアの専門学校で学べること

システムエンジニアの専門学校では、システム開発に必要なプログラミング言語やデータベース、通信環境や情報保護に必要なネットワーク知識やセキュリティ対策について学ぶことができます。

プログラミング言語の習得

システムエンジニアの専門学校では、さまざまなプログラミング言語を学ぶことができます。

JavaやC#などは、ウェブサイトやアプリケーションを作るのに使われます。

PythonやRなどは、データ分析や人工知能(AI)を扱うのに使われます。

データベースの設計・運用

データベースとは、大量のデータを整理して保存するための仕組みです。

システムエンジニアの専門学校では、データベースを設計する方法や運用する方法を学ぶことができます。

SQLという言語を使ってデータベースにデータを追加したり検索したりすることができます。

ネットワーク構築・管理

ネットワークとは、コンピュータや機器が互いに通信するための仕組みです。

システムエンジニアの専門学校では、ネットワークを構築する方法や管理する方法を学ぶことができます。

TCP/IPという規約に従って、インターネットやLANなどのネットワークを作ることができます。

また、ルーターやサーバーなどの機器を設定したり監視したりすることができます。

セキュリティ対策の実践

セキュリティ対策とは、コンピュータやネットワークに対する攻撃や不正な侵入から守るための対策です。

システムエンジニアの専門学校では、セキュリティ対策の実践方法を学ぶことができます。

暗号化や認証などの技術を使ってデータや通信を保護したり、ウイルスや不正アクセスなどの脅威を検知したり防御したりすることができます。

システムエンジニアの専門学校を活用したキャリアアップ方法


専門知識や実践的なスキルの習得方法や就職サポートや業界連携の活用方法などを紹介します。

キャリアアップのためには、自分から積極的に行動することが大切です。

専門知識の習得

IT業界は常に技術が進化しています。新しい技術やトレンドに対応できるように、自ら勉強する姿勢が必要です。

インターネットや書籍などで最新情報を調べたり資格試験やオンライン講座などでスキルアップしたりしましょう。

実践的なスキルの習得

実際の仕事では、さまざまな課題や問題に直面することがあります。

対処するためには、実践的なスキルを磨くことが大切です。

自分でプロジェクトを立ち上げたり他のエンジニアと協力したりなどです。

実践的なスキルを習得することで、効率的かつ品質の高いシステム開発が行えるようになります。

就職サポートを活用した転職

自分の希望や能力に合った企業や職場を見つけるためには、自ら積極的に動くことが必要です。

インターネットや求人誌などで求人情報を探したり自分の強みや目標を明確にしたりなどです。

就職サポートを活用した転職することで、よりやりがいや収入の高い仕事に就くことができます。

業界との連携から得られる情報を活用したスキルアップ

得られる情報を自分の成長につなげるためには、積極的に行動することが大切です。

業界団体や同窓会などで交流したりインターンシップやボランティアなどに応募したりするなどです。

業界との連携から得られる情報を活用したスキルアップすることで、自分の市場価値や競争力を高めることができます。

システムエンジニアを目指せるおすすめの専門学校

システムエンジニアを目指せるおすすめの専門学校を紹介します。

学校によってはオープンキャンパスや体験入学・資料請求を行なっているのでチェックしてみましょう。

日本工学院ITカレッジ

日本工科学院出典:日本工学院公式HP

エリア 東京都大田区・JR京浜東北線、東急池上線、東急多摩川線「蒲田駅」西口より徒歩2分
種類 専門学校
種別 私立
目指せる仕事 AIエンジニア・データサイエンティスト・ITコンサルタント・プロダクトマネージャ・シ
ステムエンジニア(SE)・プログラマ・Webエンジニア・アプリケーションエンジニア・モ
バイルアプリ開発者・ネットワークエンジニア・セキュリティエンジニア・IoTエンジニア
・サーバエンジニア・クラウドエンジニア・インフラエンジニア・セキュリティエンジニ
ア・セキュリティコンサルタントなど
学科・コース 【4年制】ITスペシャリスト科
【2年制】AIシステム科
【2年制】情報処理科
【2年制】ネットワークセキュリティ科
【2年制】情報ビジネス科
就職先 ヤフー、NTT-ME、NTTコムテクノロジー、NTTデータ先端技術、NTTデータカスタマサー
ビス、NTTソフトサービス、サイバーエージェント、日立社会情報サービス、日立コンシュ
ーマ・マーケティング、インターネットイニシアティブ、IIJエンジニアリング、ネットワン
システムズ、富士ソフト、GMOインターネット、サイバーコム、JR東日本、丸井グループ、
セコム、綜合警備保障、パナソニックテクニカルサービス、みずほオペレーションサービス
など多数

日本工科学院ITカレッジは、IT・AI・コンピュータ・パソコン専門学校です。

ITのスキルだけではなく、IT・AI・IoTを活用した”ものづくり”を体験することで、ソリューション力(問題解決能力)、イノベーション力(新しい価値を生み出す力)を身につけることができます。

IT系には必須の資格取得や、望みの業界・業種、そして企業へと進路を進めるための就職サポートも万全です。

常に最新の技術をカリキュラムに取り入れており、日々進化するIT・ネットワーク社会の先端で活躍するエンジニア・技術者を育成しています。

日本工学院ITカレッジにはITスペシャリスト科・AIシステム科・情報処理科・ネットワークセキュリティ科・情報ビジネス科の5つの学科があります。

ITスペシャリスト科のみ4年制となっており、他4学科は2年制です。

2年制の学科は4年制のITスペシャリスト科や大学へ、4年制のITスペシャリスト科は東京工科大学に編入することもできます。

2年制では専門士、4年制では高度専門士、大学では学士の称号を取得可能です。

HAL東京

HAL東京出典:HAL東京公式HP

エリア 東京都新宿区・最寄駅新宿駅西口より徒歩3分
種類 専門学校
種別 私立
目指せる仕事 システムエンジニア(SE)、プログラマー、情報セキュリティスペシャリスト、運用管理エンジニア、プロジェクトマネージャ、ネットワークエンジニア、データベーススペシャリストほか
学科・コース 【昼間部4年制】高度情報学科・高度情報処理コース
主な就職先 ヤフー、LINE、NTTデータ、サイバーエージェント、任天堂、カプコン、ドワンゴ、日本総研情報サービス、博報堂アイ・スタジオ、富士ソフト、Cygames、KDDIグループ、DMM.com、GMOインターネット、Skyほか

HAL東京の高度情報学科・高度情報処理コースでは、高度なコンピュータ知識・技術を持つエンジニアを育成しています。

文部科学大臣認定・職業実践専門課程認定学科で、国が認めたスペシャリストの称号「高度専門士」「専門士」が取得可能。

『スペシャルゼミ』では日本マイクロソフトや富士通、NTTドコモなど業界のプロフェッショナルが直接指導してくれます。

希望者就職率は100%で『給与保証制度』と『完全就職保証制度』があるので安心です。

奨学金制度も充実しているので、気になる方はチェックしてみてください。

システムエンジニアに求められるスキル

システムエンジニアには「ヒアリング能力」「マネジメント能力」「問題解決力」「コミュニケーション能力」が必要です。

それぞれについて解説します。

ヒアリング能力

ヒアリング能力とは相手の話を聞いて、その要望や問題点を正確に理解することができる能力です。

システムエンジニアは、顧客やクライアントからシステムの依頼を受けます。

そのときには、どんなシステムが必要か、どんな機能が欲しいか、どんな問題を解決したいかなどをヒアリングします。

マネジメント能力

マネジメント能力とは、自分自身や他者の時間や資源を効率的に管理することができる能力です。

システムエンジニアは、複数の人やチームと協力してシステム開発を行います。

納期や予算などの制約条件に合わせて計画や進捗管理を行います。

また、問題やトラブルが発生した場合も対処します。

問題解決力

問題解決力とは困難な状況や課題に直面した場合に、論理的かつ創造的に解決策を見つけ出すことができる能力です。

システムエンジニアは、システム開発中にさまざまな問題やエラーに遭遇します。

そのときには、原因や影響範囲を分析し、最適な対策や改善策を考えます。

問題解決力があると、迅速かつ正確に問題へ対処することができます。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力とは、自分の考えや感情を相手に伝えたり相手の考えや感情を理解したりすることができる能力です。

システムエンジニアは顧客やクライアントだけでなく、開発メンバーや上司などさまざまな人と関わります。

話し方や聞き方だけでなく、表情や態度なども大切です。

フリーランスエージェントは Tech Hive がおすすめ!

Tech Hive 成功事例

  1. 案件数5,000件以上の中からご紹介!
  2. 150万円以上の高単価案件あり!
  3. 希望条件から選べる働き方!

Tech Hive 運営

フリーランスになって希望の条件で仕事できていますか?

Tech Hiveは ”フリーランスへの高単価で魅力的な待遇” を約束いたします! まずは希望の働き方や不安に思っていることをご相談ください。 専門コンサルタントがどんな不安や疑問にも丁寧にお答えいたします。

Tech Hive公式HPはこちら

まとめ

システムエンジニアの専門学校では、システム開発に必要なプログラミング言語やデータベース、通信環境や情報保護に必要なネットワーク知識やセキュリティ対策について学ぶことができます。

専門学校なのでIT業界出身の講師が在籍しており、IT業界の就職に強いという強みがあります。