Reactのフリーランスエンジニアになりたい!案件単価や獲得方法を紹介 - Tech Hiveマガジン

Reactのフリーランスエンジニアになりたい!案件単価や獲得方法を紹介

ReactはFacebook社によって開発されたJavascript用ライブラリです。

FacebookやInstagramから、Yahoo!、Airbnb、Slackなど、世界中のさまざまな企業で採用されており、注目度も高いです。

注目度や需要の高さからエンジニア人材が必須とされています。

Reactエンジニアのフリーランスとしてバリバリ活躍していきたいと思う人も多いでしょう。

本記事では、Reactのフリーランスエンジニアとして案件の獲得する方法や案件単価など、役立つ情報を紹介していきます。

Reactのフリーランスエンジニアになりたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

【2024年最新】フリーランスエージェントおすすめ比較24選!外さない選び方も紹介

Reactとは?

Reactとは、Facebook社が開発したJavascriptライブラリの一つです。

主にサイトやアプリのUI構築などに用いられています。2013年にオープンソース化され、世界的にもさまざまな企業がReactを採用しています。

また、日本でも徐々に注目が集まり、採用企業も増え続けています。

フリーランスReactエンジニアの将来性は高い

アメリカのMeta社が定期的にアップデートをしたことにより、Reactはフロントエンド開発はもちろん、スマホアプリの開発や、AR/VR開発など、採用できる領域が拡大しつつあります。

特にVRコンテンツは近年も盛り上がりから今後も高い需要が予想されており、その将来性は高いでしょう。

日本国内にはまだReactを専門に扱うエンジニアが少ないことから、確かなスキルを持ったフリーランスエンジニアへの需要は高まっていくはずです。

フリーランスのReactエンジニア向け案件は多い?

フリーランス向けのReact案件は、関連案件も含めて数万件抱えるサービスがあります。

よって、案件数としては多いと言えるでしょう。

前述したようにReactはサービスのUI構築が可能で、Webサービスの表示速度向上にも役立つため、案件数や需要は上昇傾向にあります。

フリーランスReactエンジニアの平均年収・単価相場

Tech Hiveの案件によると、フリーランスのReactエンジニアの月平均単価は74.2万円です。これを12か月換算すると800万円以上の年収となります。

エンジニアの中でも単価相場は高い傾向にあるといえるでしょう。

ただし、中には単価20万円程度の案件も多く、あくまでもスキルや経験年数に応じて収入は大きく上下します。

フリーランス向けReact案件の案件例

弊社Tech Hiveに掲載されているフリーランス向けのReact案件例を以下の表で3つ紹介していきます。

案件名 アプリ開発・設計・運用者
職種・ポジション エンジニア
勤務地 フルリモート可
報酬額 月額150万円
スキル Ruby/JavaScript/React/SQL
案件名 【エンド直/Vue.js /React】フロントエンドエンジニア募集
職種・ポジション エンジニア・テックリード
勤務地 出社・リモート併用
報酬額 月額100万円
スキル Vue.js, Nuxt.js (実務経験目安3年以上) 、または フロントエンド開発(Reactなど)でのテックリード経験
案件名 【エンド直/Vue.js /React】Webマーケティングツール開発のフロントエンドエンジニア募集
職種・ポジション エンジニア
勤務地 出社・リモート併用
報酬額 月額85万円
スキル Vue.js, Nuxt.js (実務経験目安3年以上) 、または フロントエンド開発(Reactなど)でのテックリード経験

フロントエンド開発での実務経験などが求められるものの、どれも柔軟に働ける高単価案件です。

案件に興味がある場合は、Tech Hiveのサービスページから詳細を確認してみてください。

Tech Hiveの案件を無料で見る

フリーランスReact案件を獲得できるおすすめエージェント3選

フリーランスエージェントの中でも、React案件の獲得におすすめなのは下記の3つです。

複数登録しておくとスムーズな案件参画ができます。

サービス 職種 案件数 リモート案件 副業案件 対応エリア
Tech Hive 各種エンジニア
PM・PMO
PdM
ITコンサルタント
5,000件以上 有り 有り 全国
レバテックフリーランス エンジニア
PM
PdMなど
4,000件(常時提案可能案件数) 有り 有り 関東/東海/近畿/九州
HiPro Tech ・ITエンジニア
・ITコンサル
500件以上 有り 有り 全国

Tech Hive

出典:Tech Hive公式HP

運営会社 株式会社Asikaze
職種 各種エンジニア
PM・PMO
PdM
ITコンサルタント
総案件数 5,000件以上
在宅・リモート案件 有り
副業案件 有り
対応エリア 全国

Tech Hiveは、高単価のReact案件も取り扱っているフリーランスエージェントです。

在宅案件、副業案件の取り扱いも豊富で、担当エージェントの丁寧なカウンセリングのもと、自身にマッチする案件提案をしてもらえるのが魅力です。

まずはサービスの担当エージェントからカウンセリングを受けてみて、自分にマッチする案件を見つけてみてください。

Tech Hive公式HPはこちら

レバテックフリーランス

出典:レバテックフリーランス公式HP

運営会社 レバテック株式会社
職種 エンジニア
PM
PdMなど
案件数 4,000件(常時提案可能案件数)
在宅・リモート案件 有り
副業案件 有り
対応エリア 関東/東海/近畿/九州

レバテックフリーランスは、エンジニア職を中心に紹介を行っているフリーランスエージェントです。

React案件の掲載はもちろん、それ以外の案件も多数取り扱っているため、複数言語を使えるフリーランスエンジニアには使いやすいサービスでしょう。

レバテックフリーランスの評判まとめ!気になるメリット・デメリットを調査

HiPro Tech

出典:HiPro Tech公式HP

運営会社 パーソルキャリア株式会社
職種 ITエンジニア・ITコンサル
案件数 500件以上
在宅・リモート案件 有り
副業案件 有り
対応エリア 全国

HiPro Techは、人材大手パーソルキャリアが運営しているエンジニア向けフリーランスエージェントです。

パーソルキャリアが提携している企業案件を掲載しているため、安心して案件に参加できます。

対応エリアも全国となっており、地方在住のReactエンジニアでも活用可能です。

また平均10%以上の報酬UPを実現しており、契約更新率も75%のため、安定したライフワークを送りたいフリーランスにおすすめのサービスです。

HiPro Techの気になる評判は?口コミからわかるメリット・デメリットも解説

フリーランスReactエンジニアに求められる5つのスキル・経験

フリーランスReactエンジニアに求められるスキルは次の5つです。

  1. Reactの基礎知識・スキル
  2. フロントエンド開発言語の知識
  3. コミュニケーションスキル
  4. 自己タスク管理スキル
  5. Web開発を遂行できる実務経験(2〜3年程度)

Reactの基礎知識・スキル

もちろんReactを扱うための基礎知識やスキルは必要不可欠です。

また、React以外のライブラリやフレームワークに関する知識・スキルを持っておくとさらにエンジニアとしての幅が広がるでしょう。

具体的にはVue.jsなど、React以外のJavascriptフレームワークにも目を向ける視野の広さは重要でしょう。

フロントエンド開発言語の知識

HTMLやCSS、Javascriptなど、フロントエンド開発言語を使用したWebサイトの構築に関する知識もReactエンジニアであれば欠かせません。

Reactの知識以外にも、HTMLやCSSを使用するスキルがあると、受けられる案件の幅が広がります。

コミュニケーションスキル

フリーランスエンジニアは業務委託者として案件に参画します。

クライアント企業のエンジニアやマネージャーとコミュニケーションをとる機会も多いでしょう。

そのため、ビジネス上問題がない関係構築を行う一定以上のコミュニケーションはフリーランスエンジニアに求められるスキルの一つです。

自己タスク管理スキル

フリーランスは正社員とは違い、業務の進捗管理など、タスク管理を全て自分で行う必要があります。

タスク管理が疎かになるとスケジュールに支障をきたす恐れもあるため、毎日のタスクを細かく管理するセルフマネージメントスキルは不可欠です。

Web開発を遂行できる実務経験(2〜3年程度)

ReactではWeb開発案件がメインとなります。そのため、Web開発を遂行できる実務経験が最低でも2年から3年程度あると望ましいでしょう。

実務経験はフリーランスになった際の案件獲得にも役立つため、必ず積んでおきたいところです。

Reactのフリーランス案件を獲得する3つの方法

Reactのフリーランス案件を獲得する方法には、次の3つがあります。

  1. フリーランスエージェントを活用する
  2. 個人で企業に営業活動をする
  3. 知人から案件を紹介してもらう

フリーランスエージェントを活用する

最も効率的で負担の少ない方法はフリーランスエージェントの活用です。

担当エージェントが自分に合った案件を紹介してくれるため、良案件に出会える可能性も充分あります。

より多くの案件から選択したい場合は、複数のフリーランスエージェントに同時登録すると便利です。

なお、フリーランスエージェントのおすすめはTech Hiveです。

高単価のReact案件も掲載しているため、興味がある場合はサービスページを確認してみましょう。

Tech Hiveの案件を無料で見る

個人で企業に営業活動をする

サービスを使わずに個人の営業活動で案件を獲得する方法もあります。

企業にコンタクトをとり、自身をアピールして案件にジョインできるよう働きかけていきましょう。

マージンなどが引かれない分報酬額に期待ができるものの、営業活動の負担が高く、本業に支障をきたす可能性がある点に注意です。

知人から案件を紹介してもらう

会社員時代の人脈などがある場合、知人から案件を紹介してもらう方法もあります。

知人に連絡をとって確認するだけでよいため負担はないですが、確実に案件を紹介してもらえる保証はありません。

あくまでも自分で案件探しをしながらの副次的な方法として活用するのが無難です。

フリーランスエージェントは Tech Hive がおすすめ!

Tech Hive 成功事例

  1. 案件数5,000件以上の中からご紹介!
  2. 150万円以上の高単価案件あり!
  3. 希望条件から選べる働き方!

Tech Hive 運営

フリーランスになって希望の条件で仕事できていますか?

Tech Hiveは ”フリーランスへの高単価で魅力的な待遇” を約束いたします!

まずは希望の働き方や不安に思っていることをご相談ください。

専門コンサルタントがどんな不安や疑問にも丁寧にお答えいたします。

Tech Hive公式HPはこちら

Reactのフリーランスエンジニアとして年収アップを実現しよう

Reactは、特化しているフリーランスエンジニアがまだ国内に少ないため、いまスキルを磨いておくことで将来の可能性を広げることが可能です。

Reactのフリーランスエンジニアを目指している場合には、本記事で紹介した必要スキルやステップを参考に、一からキャリアを組み立ててみてはいかがでしょうか。