システムエンジニアの独立!メリット・デメリット必要なスキル、平均年収など解説! - Tech Hiveマガジン

システムエンジニアの独立!メリット・デメリット必要なスキル、平均年収など解説!

企業のシステムエンジニアとして働いている方の中には、独立を考えている方もいるのではないでしょうか。

企業から独立して高い収入を得ている方も多くいます。

この記事ではシステムエンジニアが独立するメリット・デメリットと独立に必要なスキルなどについて解説します。

独立してフリーランスのシステムエンジニアとして働きたいと考えている方は参考にしてください。

【2024年最新】フリーランスエージェントおすすめ比較24選!外さない選び方も紹介

seで独立するための基礎知識とは?

会社に所属している場合は、事務手続きなどは会社で行なってくれます。

ただし、seに限らず独立した場合、全て気分で行う必要があります。

ここでは、seで独立するために必要な基礎知識をご紹介します。

独立する前から準備を!

seで独立するということは、今後のクライアントは自分で探すようになります。

独立したら、すぐにクライアントとの仕事がスタートできるように準備ができていることが理想的ですね。

例えば、名刺です。

クライアントとの出会いはご縁でもあります。

独立することが正式に決まっているのなら、クライアントとの良いご縁があった時にしっかりと掴み取っていく力が必要です。

名刺の準備ができていれば、自分のアピールもできますね!

また、ホームページなども独立してすぐに開設できるよう、準備を整えておくとスムーズです。

独立してからすべて準備をするのでは、時間を有効的に使えていなくてとてももったいないですね。

独立前からできることをしっかりと進めておくといいですね。

節税対策には青色申告を!

seだけに限らず、独立後は自分で確定申告をする必要があります。

この時、ポイントとなるのが「青色申告」か「白色申告」か、という問題です。

あなたが個人事業主としてseで独立した場合、「開業届」が必要です。

確定申告では、「青色申告」の方が節税対策が有効です。

「青色申告」をする場合は、申請が必要ですので、独立前から「青色申告」のことも考えて勉強しておくと安心ですね。

会計ソフトを利用すると、簡単に確定申告もできるのでチェックしてみてください。

会計ソフトのおすすめ13選!選び方も解説【法人・個人事業主必見】

国民年金・国民健康保険の加入

会社から抜けてしまうと「社会保険」から抜ける必要があります。

seで独立すると、今後は自分で「国民年金」や「国民健康保険」に加入してお金を納める必要があります。

今まできちんと納めてきた「年金」も、未納になってしまうと老後の支給額が減ってしまう可能性があります。

また、病気やケガをした時も「保険証」がなければ、全額自己負担になってしまい大変です。

独立したら、なるべく早くお住まいの役所で手続きをしましょう!

seで独立するために必要な心構えとは?

seで独立するということは、すべてを自分で進めていかなくてはいけません。

でも、その分「やりがい」を感じられるはずです。

ここでは、スムーズな仕事に必要な心構えをご紹介します!

スキルアップは必須!

seの独立で成功するためには、スキルアップは必須です。

一定のレベルで仕事をしていても、同じようなレベルのseが多ければ、その分仕事を受けることが難しくなってきます。

常に、スキルアップを目指して新しい力をつけることが独立の強みになりますね。

「あなたにしかできない」そう思わせることが、seで独立して成功するためのポイントです。

円滑なコミュニケーション

クライアントとの信頼関係は、とても重要です。

「しっかりとした信頼関係を結ぶことができるか」が、今後のカギにもなってきますね。

そのため、コミュニケーションはとっても大切です。

seで独立すると、あなたの考えがしっかりと通せることが最大のメリットです。

でも、それは時として上手くいかなくなってしまう原因にもなります。

「相手の話をしっかりと聞く」これが、コミュニケーションを図る上で、とても大切なことですね。

収入に大きく影響!営業力

会社に所属していたら、毎月の給与は約束されています。

しかし、seで独立するということは、毎月の給与は約束されていないということ。

収入があるか?ないか?は、自分の力次第という厳しい現実があります。

そこで、「営業力」です。

自分の強みや、得意分野をクライアントにいかにアピールできるかがポイントです。

ノートなどに自分の強みや、得意分野を書いて、可視化することで自分のことがより分かるのでおススメです。

自己管理がいちばん大切!

seで独立するということは、責任も全部自分にあるということです。

きっと独立後は「頑張らなくては!」と、無理をしてしまうはずです。

でも、頑張りすぎて体を壊してしまっては本末転倒です。

しっかりとしたスケジュール管理で、「仕事」と「休息」のメリハリをつけたいですね。

何といっても「健康」がいちばんです。

seで独立後の具体的な働き方とは?

何となく「seで独立したい」と思っていても、実際どんな働き方があるのか分からない人もいるはずです。

ここでは、se独立後の具体的な働き方をご紹介します。

興味のある働き方があったら、自分でしっかりと調べてみることをおススメします。

詳しく知ることで、ボンヤリしていた景色がハッキリと鮮明になるはずです。

  • フリーランス(個人事業主)
  • 起業(会社設立)
  • ITコンサルタント

フリーランス(個人事業主)

se独立後、とくに多い働き方が「フリーランス」という働き方です。

「個人事業主」とも呼ばれています。

クライアントから案件を請け負う「業務委託」という働き方が特徴です。

この場合、自宅で仕事をする人もいれば、会社に出向して働く人もいます。

メリットとして、働き方に自由があるという点です。

自分のスキルや経験を活かしやすい働き方と言えますね。

起業(会社設立)

会社を設立する「起業」という働き方もあります。

これは、法人として会社を設立して新規事業を始めるというパターンです。

「フリーランス」の場合は、クライアントの要望に応える形の仕事です。

中には、「フリーランス」で働いてスキルと経験が豊富になり「やりたいこと」が

明確になって「起業」する人もいます。

同じ思いの仲間など、複数で起業するケースもあります。

ただし、会社を設立するためには、多額の資金が必要となります。

それでも、「起業」は、あなたの夢を形にするチャンスでもあります。

ITコンサルタント

se独立後、「ITコンサルタント」の道に進むケースもあります。

「ITコンサルタント」とは、企業の経営方針に基づいて課題などを、ITを用いて解決に導くという仕事です。

seは、システムの開発や構築、改修などの仕事ですので、「ITコンサルタント」は一見方向性が違うと感じるかもしれません。

でも、このような場合「ITコンサルタント」とseは共同で作業することが多くあります。

「ITコンサルタント」は、seの基礎知識はもちろん、経営戦略などの分野にも特化しています。

将来「起業」を考えている人には、経験として相応しい働き方とも言えますね。

システムエンジニアが独立するメリット

システム エンジニアが独立するメリットは以下の5つです。

  • 収入アップが望める
  • 働き方が自由になる
  • スキルアップになる
  • ストレスが減る可能性がある
  • 自分で仕事が選べる

独立するメリット①収入アップが望める

システム エンジニアの独立つまり、フリーランスになることです。

自分でクライアントと交渉して単価を決めることができます。

そのため企業のシステム エンジニアとして働くより、独立して働く方が収入のアップが望めるでしょう。

企業のシステム エンジニアとして働く場合は、月給という形でほとんど一定の金額です。

一方独立したシステム エンジニアとして働けば働いた分の報酬がすべて自分に入ってきます。

つまり、自分が働いた分だけの対価を得ることができることがシステム エンジニアが独立するメリットです。

独立するメリット②働き方が自由になる

企業のシステム エンジニアとして働く場合は、社員になるため働く時間や場所などに制限があります。

独立すれば何時から何時まで働くといった制限を受けずに、自分の都合に合わせて働くことが可能です。

また企業で働く場合は、嫌な仕事は断ることができません。その点独立なら仕事を選んで働くことも可能です。

独立するメリット③スキルアップになる

システム エンジニアが独立して働く場合は、すべての仕事を自分ひとりでやることになります。

独立することは新しい仕事をやることにもつながり、新しいスキルや知識を獲得する必要が生じます。

また独立して成功を治めるためには、スキル以外の自分を管理する能力も必要です。

独立するメリット④ストレスが減る可能性がある

企業でシステム エンジニアとして働く場合は、人間関係などに悩むことが多く、ストレスを受けやすいと言えます。

一方独立すれば人間関係に悩むことが少なくなるでしょう。

もちろんクライアントや関係者との関係はありますが、企業で働くよりもストレスが減る可能性はあります。

独立するメリット⑤自分で仕事が選べる

企業でシステム エンジニアとして働く場合は、自分で仕事を選ぶことは難しいでしょう。

その点独立ならすべてとまではいきませんが、ある程度自分で仕事が選べます。

もちろんフリーランスが仕事を選ぶことは難しいでしょう。

しかし、企業の上司の命令で仕事をするよりは、選びやすいといえるのではないでしょうか。

システムエンジニアが独立するデメリット

システム エンジニアが独立するデメリットは以下の3つです。

  • 自分でやる仕事が多くなる
  • 収入が安定しない
  • 高いスキルが必要になる

独立するデメリット①自分でやる仕事が多くなる

多くのフリーランスや独立したシステムエンジニアのいる市場では、クライアントを獲得するための競争が激しく、クライアント獲得のために提案やマーケティング戦略をすることが必要です。

つまり、自分で宣伝して、仕事を請け負い、そして仕事を完成させて報酬を得るといったことすべてを自分ひとりでやらなければならないのです。

また今では企業の総務担当者が行っていた税金に関する処理も自分で行うことになります。

独立するデメリット②収入が安定しない

クライアントから仕事の依頼がなければ、収入を得ることができません。

そのため収入が安定しない時期もあります

つまり、多くの収入を得る月があれば、収入が少ない月があるなど安定しないのがデメリットと言えそうです。

独立するデメリット③高いスキルが必要になる

多くの報酬を得るためには、高単価の案件に携わることが必要です。

そのためには高いスキルが必要になります。

また日々進化しているIT業界で案件を獲得し続けるためにはスキルアップは必要です。

新しい技術に合ったスキルや専門性をアップすることが求められます。

システムエンジニアの独立に必要なスキルとは

システム エンジニアの独立に必要なスキルは主に以下の3つです。

  • スケジュール管理能力
  • コミュニケーション能力
  • トレンド変化を察知する能力

独立に必要なスキル①スケジュール管理能力

独立すると、複数のシステム開発を獲得し、プロジェクトを同時に管理する必要が生じることもあります。

システム開発を請け負ったからには、クライアントの要求した期限通りに納品することが必要になります。

そのためには、スケジュール管理が重要です。

継続して仕事をもらうためには、納期遅延は避けなければなりません。

独立に必要なスキル②コミュニケーション能力

独立したシステムエンジニアには、コミュニケーション能力は大変重要です。

クライアントとスムーズに仕事を進めるためには、要望をしっかり聞き取れる能力が必要になります。

システム開発を成功させるためには、クライアントの要望を理解するための適切なコミュニケーションが必要です。

またスケジュール調整などの交渉をする能力も必要と言えます。

独立すれば案件獲得のための営業や契約など、自分一人でクライアントとのコミュニケーションを取らなければならない場面が増えます。

コミュニケーション能力は、独立する前にしっかり身につけておきましょう。

独立に必要なスキル③トレンド変化を察知する能力

独立してしっかり収入を得ようとしても、需要やニーズがなければ稼げません。

独立して稼ぐには世間の流行を敏感に察知する力も必要です。

また日々進化しているIT・ネットワーク業界の変化を素早く察知し、スキルアップにつなげるためにも察知する能力は必要と言えるでしょう。

システムエンジニアの独立による平均年収

日本全国に存在するITフリーランスと企業の仲介役「PE-BANK」のデータ(関東エリア)によれば独立したシステムエンジニアの単価相場は35〜100万円ほどで、年収に換算すると420〜1,200万円ほどになります。

年収にこれほどの差があるのはプロジェクト規模などで変わると考えられるでしょう。

厚生労働省が公表している「令和4年賃金構造基本統計調査」によると、システムエンジニア(システムコンサルタント・設計者を含む)の全年代の平均年収は約660万円です。

独立した年齢やスキル、システムエンジニアの種類などが異なるため一概には言えませんが、企業で働くより、高収入は見込めそうです。

さらに高いスキルがあれば、企業で働くよりも高収入を得やすいと言えます。

まとめ:システムエンジニアの独立!メリット・デメリット必要なスキル、平均年収など解説!

システム エンジニアが独立して働くことは、高いハードルもありますが、努力次第では、高い収入が見込めます。

企業で働くより、年収アップも望めます。

さらにはやりがいもあると言えるでしょう。自由な働き方ができるのも魅力です。

もしシステム エンジニアとして独立を目指すのであれば、人手不足が深刻で需要が高いIT関連のシステムエンジニアがおすすめです。

フリーランスエージェントは Tech Hive がおすすめ!

Tech Hive 成功事例

  1. 案件数5,000件以上の中からご紹介!
  2. 150万円以上の高単価案件あり!
  3. 希望条件から選べる働き方!

Tech Hive 運営

フリーランスになって希望の条件で仕事できていますか?

Tech Hiveは ”フリーランスへの高単価で魅力的な待遇” を約束いたします! まずは希望の働き方や不安に思っていることをご相談ください。 専門コンサルタントがどんな不安や疑問にも丁寧にお答えいたします。

Tech Hive公式HPはこちら